日々の生活に役立つ情報をお伝えします

ゆるりくるり

お祭り

山王祭とは見所と日枝神社山王祭2018

投稿日:

江戸三大祭りである日枝神社山王祭をご存知ですか?
とても大きなお祭りであるのに意外と知られていない山王祭。
今年2018年は2年に一度の山王祭の本年にあたる年で華やかな儀式が行われるので日枝神社山王祭について詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

山王祭とは

東京都千代田区にある日枝神社(ひえじんじゃ)の伝統行事で20以上の諸祭典をまとめた総称を山王祭(さんのうまつり)と呼びます。
神田神社の神田祭とともに天下祭とされ,神田祭と交互に隔年で行われる山王祭。
山王祭は神田祭・深川祭と共に江戸三大祭のひとつで、とても大きなお祭です。
神田祭と隔年で交互に行われている山王祭ですが、2018年は山王祭の本年で「神幸祭」と呼ばれる最も華やかな儀式が執り行われます

山王祭の見所

神幸祭(じんこうさい)

山王祭の神幸行列は「神輿行列」と「山車行列」で構成されています。
鳳輦(ほうれん)屋根の上に金色の鳳凰(ほうおう)の飾りをつけた輿や、神輿、山車などが王朝装束を身にまとった人々総勢約500人と共に300メートルにもなる御列で銀座の中央通りも練り歩く山王祭で最大で最も華やかな儀式です。
王朝装束を身にまとった方たちが都心の近代的なビルを背景に古風な御列が行進する様子は、華やかな時代絵巻のようで圧巻です。
ぜひ山王祭に行かれる方は神幸祭の日にちを調べてから行かれるのをオススメします。

スポンサーリンク

納涼大会 盆踊り

都内で一番早い盆踊りといわれる山王祭の納涼大会の盆踊り
6月の梅雨の時期に行われる山王祭ですがテントの中にやぐらを建ててその中で盆踊り大会が催されるので雨が降っても決行されるので雨の日でも楽しめるお祭りです。
更にこの納涼大会に合わせて夜店の屋台も出店されるので盆踊りだけではなく夜店も楽しむことが出来ます。
盆踊りの主な楽曲は
八木節・白浜音頭・千代田踊り・東京音頭・炭坑節と初心者でも踊れる楽しい歌と踊りで毎年盛り上がっています。

 

日枝神社山王祭2018

まだ2018年の山王祭の詳しいスケジュールは発表されていませんが2018年6月7日 – 2018年6月17日が今年の山王祭の日程になっています。
こちらのホームページで詳細なスケジュールが決まり次第アップされるので要確認です。

まとめ

江戸三大祭のひとつである日枝神社山王祭ですが、意外と東京に住んでいても知らない方が多いのも事実のようです。
今年は隔年行われる山王祭の本年なのでぜひ神幸祭の華やかな隊列を見学し東京で一番はやい盆踊りを楽しむのはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-お祭り
-,

Copyright© ゆるりくるり , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.