日々の生活に役立つ情報をお伝えします

ゆるりくるり

関節炎の犬の症状と原因と治療

投稿日:

関節とは、骨と骨のつなぎ目の部分のことです。
関節の動きを支えるために「軟骨」・「滑油」・「滑膜」これらがそれぞれ機能し合って足を曲げたり体を支えたりしています。
骨と骨とをつないでいる関節が炎症を起こすことによって生じる関節炎。
わたしたち人間もひざやひじの痛みを感じることがありますよね?
犬に発症するとどのような症状が起きるのか、原因は、そして治療法、予防法を見ていきます。

スポンサーリンク

関節炎の犬の症状

関節炎になると関節を動かしづらくなり、更には痛みを伴ったり骨が変形してしまう。
愛犬に現れる症状としては

◯歩き方がおかしい。
◯立ち上がる時に辛そう
◯左右の足のバランスがとれていない
◯足を引きずる
◯地面から足を上げる
◯散歩や運動を嫌がる
◯体を触られるのを嫌がる
◯じっとしている時間が長くなる

このような症状が見られる場合は関節炎を疑い一度病院で診てもらいましょう。

関節炎の犬の原因

関節炎には「感染性関節炎」と「変形性関節症」の2つがあります。

感染性関節炎

病原体が原因で、病原体が愛犬の身体に侵入することで関節の炎症を引き起こす症状。

主に傷口からの侵入(転倒、ケンカ、衝突、交通事故、手術痕など)
血液に乗り他の組織からの侵入
免疫力の低下(通常であれば抑え込めるはずの病原体の繁殖を抑えることがでない)

変形性関節症

関節そのものがすり減ってしまったり変形してしまう症状で関節の軟骨がすり減ったりすることが原因で腫れや痛みに伴い脚を曲げ伸ばしすることが困難になります。
詳しい原因としては

スポンサーリンク

◯過度の運動 激しい運動により関節に負担がかかり続けることで炎症が起きる
◯肥満 体重の増加により関節に過度な負担がかかることで軟骨がすり減り、関節炎を引き起こす。
◯関節リウマチ 免疫機能などがなんらかの異常をきたすことによって発症すると考えられているが詳しいことは未だ不明
◯加齢 加齢と共に関節の軟骨がすり減り、更に関節そのものがすり減り変形してしまいう。
◯外傷 脱臼や捻挫、骨折や靭帯断裂から引き起こされる炎症。怪我の部位を治療することで完治が見込める。

関節炎と言っても様々な原因・症状があり正しく見極める必要があるので自己診断は禁物です。

関節炎の犬の治療

感染性関節炎

◯投薬治療 炎症を起こしている関節から関節液を採取して病原菌を特定し、薬剤を投与。痛みが激しい場合は抗炎症薬や鎮痛剤が投与されることも。

◯外科治療
関節に水がたまって腫れ上がっている場合、水を抜き、関節の中をきれいに洗います。関節を包み込んでいる滑膜に増殖が見られる場合は、外科的に切除することもある。

変形性関節症

触診やX線検査を行なって診断。
症状に応じて抗炎症剤や痛み止めを与え、運動を制限をして様子見。
重症化している場合は手術で関節を正常な形に整えます。
更に人工関節などを使うケースもあり、リハビリが必要になることも。

まとめ

『予防に勝る治療なし』

この言葉の通り関節炎は未然に防ぐことがとても大切です。
関節炎を予防する最善の方法は「適正体重をキープすること」これにつきるそうです。
既に関節炎の症状が出てしまっていても、体重を適正値まで落とすことで症状が改善することもあるそう。
関節炎だけではなく適正体重はすべての健康の基本です。

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-
-,

Copyright© ゆるりくるり , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.