日々の生活に役立つ情報をお伝えします

ゆるりくるり

新幹線・特急

上越新幹線の予約格安チケットの最安値徹底調査!東京ー新潟

投稿日:

東京〜新潟間を最速約2時間5分で結ぶ「上越新幹線」

新潟には、金比羅神社やSL、信濃川ウォーターシャトル、日本酒の酒蔵で飲み比べなど観光スポットが目白押し!

新潟駅の観光スポットはこちら

ここでは、上越新幹線の東京〜新潟の最安値を徹底調査しました。

かなり細かく徹底調査しましたよー!

スポンサーリンク

上越新幹線の予約格安チケット【簡単】

まずは、東京〜新潟間の新幹線チケットの乗車券+特急券の定価料金を確認します。

上越新幹線の定価

■乗車券5,620円+指定席特急券4,950円=指定席定価10,570円

■乗車券5,620+自由席特急券4,430円=自由席定価10,050円

※通常期の価格です。指定席特急料金は繁盛期+200円、閑散期−200円になります。

自由席料金は変動なし。

繁忙期 +200円 :3月21日~4月5日・4月28日~5月6日・7月21日~8月31日・12月25日~1月10日
閑散期 -200円 :1月16日~2月末日・6月・9月・11月1日~12月20日の各期間の月~木曜日(祝日と祝前日・振替休日は除く)
通常期 ±0円:上記以外の日

新潟駅まで行ける上越新幹線には「MAXとき」と「とき」があります。

「MAXとき」と「とき」は料金も時間も変わらないのですが、車両が変わります。

「MAXとき」は「2階建て車両・E4系」です。2階席からの眺めは最高ですよ!

残念なことに2階建て新幹線のE4系は、2021年3月までに廃止が決まっているので、乗るなら今のうちです!

 

では難しい条件などなしに簡単に格安チケットが取れる割引プランを見ていきます。

※通常期の乗車券+特急料金の合計で算出を行います。

 

JR東日本のネット予約「えきねっと」

JR東日本のインターネット予約サービスの「えきねっと」の会員限定チケット。

「えきねっと」サイトの無料会員登録とクレジットカード決済が必要ですが、無料登録が簡単に出来るのでクレジットカードさえ持っていれば簡単にチケットを購入することが出来ます。

「えきねっと」で予約した後、JR東日本の駅で事前に切符を受け取る必要があります。

受取の際には手続き完了時にお知らせされた「5桁の予約番号」と「クレジットカード」を持参します。

「えきねっと」では「トクだ値」と「お先にトクだ値」の2種類の割引チケットがあります。

 

えきねっと「トクだ値」の東京〜新潟間の料金

乗車券と指定席特急券がセットで10%〜15%の割引になる「トクだ値」。

自由席の設定はありません。

乗車日1ヶ月前の午前10時00分から乗車日当日の午前1時40分まで予約が出来ます。

「トクだ値」の15%割引率のトク15を利用した場合の上越新幹線の東京〜新潟間の料金がこちら。

 

■普通車指定席(通常期)乗車券4,200円+指定席特急券4,770円=8,970円(定価より−1,600円)

 

ゴールデンウィークやお盆・年末年始などの混雑時期も利用できます。

 

えきねっと「お先にトクだ値」の東京〜新潟間の料金

乗車券と指定席特急券がセットで10%〜35%の割引になる「お先にトクだ値」

自由席の設定はありません。

乗車日1ヶ月前の午前10時00分から乗車日13日前の午前1時40分まで予約が出来ます。

上越新幹線の東京〜新潟の最安値の格安チケットです。

「お先にトクだ値」の35%割引率のトク35を利用した場合の上越新幹線の東京〜新潟間の料金がこちら。

 

■普通車指定席(通常期)乗車券3,210円+指定席特急券3,650円=6,860円(定価より−3,710円)

 

年間通して利用できますが、繁盛期は発売直後に完売してしまうため入手が困難な場合も。

購入できればとてもオトクな格安チケットです。

 

 

レールパック利用

「JR・新幹線往復チケット+宿泊」のセットプランです。

通常期の平日に利用するとかなりオトクになります。

 

例)10月平日・ホテルサンルート利用

■往復新幹線(普通車指定席)+宿泊=19,400円

ホテルサンルートのみの利用参考価格→6,000円

スポンサーリンク

 

実質13,400円の往復新幹線代になります。

片道分にすると6,700円(定価より−3,870円)

最安値の「お先にトクだ値」の割引を上回る値段になりました。

 

宿泊も一緒に予約をする方はレールパックがおすすめです!

 

上越新幹線の予約格安チケット【条件付き】

ここからは条件付きで利用可能な方法になります。

 

モバイルSuica

モバイルSuica会員のみ利用可能なチケットです。

おサイフケータイを利用できるスマートフォンでないと利用できません。

「Apple Pay」・「Google Pay」も対応。

 

モバトク

モバイルSuica特急券(通称モバトク)は、JR東日本の新幹線(東北・山形・秋田・上越・北陸新幹線)の切符を窓口や自販機に並ばずに携帯電話で簡単に買え改札は在来線と同様に「タッチ&ゴー」で通過できます。

モバトクには座席や期間の指定はありません。

乗車日の1ヶ月前10時から当日の列車出発6分前までスマホから予約可能。

普通車指定席(通常期)=9,670円(定価より−900円)

 

スーパーモバトク

スーパーモバイルSuica特急券「スーパーモバトク」

スーパーモバトクは座席と期間が限定されますがかなりお得に購入することが出来ます。

乗車日の1ヶ月前の10時から前日の23時40分までスマホから予約可能。

 

普通車指定席(通常期)=8,690円(定価より−1880円)

 

大人の休日倶楽部ミドルカード・ジパングカード

50歳以上限定ですが、

ビューカード系列のクレジットカード「大人の休日倶楽部ミドルカード」をお持ちなら、上越新幹線の運賃を5%引きにできます。

男性65歳以上・女性60歳以上で「大人の休日倶楽部ジパングカード」をお持ちなら上越新幹線の運賃が30%引きになります。

但し割引対象外期間があるので注意が必要です。

割引対象外期間:4月27日~5月6日、8月11日~8月20日、12月28日~1月6日

限られた方の条件ですが、特にジパングカードをお持ちの方はえきねっとの「お先にトクだ値」と同じくらいの割引になるのでお得です。

 

上越新幹線の予約格安チケット【裏技】

回数券

乗車券と指定席特急券がセットになった6枚つづりの回数券で、出張や家族・グループ旅行におすすめです。

自由席ではなく座席が予約できるので安心です。

回数券はJRの駅の窓口で購入することが出来ます。(券売機不可)

有効期限は3ヶ月で繁盛期は利用出来ないので購入には注意をしてください。

※回数券利用不可日:4/27~5/6、8/11~20、12/28~1/6※

 

上越新幹線の東京〜新潟間の回数券料金→6枚ひとつづりで58,620円(1枚9,770円)

普通車指定席(通常期)→9,770円(定価より−800円)

 

JR東日本株主優待割引券を利用

R東日本は株主優待割引券(株主優待券)を発行しており、株主になれば毎年株主優待割引券が発行されます。

その株主優待割引券をヤフオクや金券ショップで1枚2000円前後で購入することが出来ます。

 

手間はかかりますが条件もなく利用することができます。

株主優待券1枚で20%割引になり1度に2枚まで使用できるので、最大40%割引乗車券片道と特急券1枚が購入できます。

普通車指定席定価10,570円の40%割引=6,342円(定価より−4,228円)

これに株主優待券の仕入れ値(2枚約4,000円)をプラス。

普通車指定席(通常期)=10,342円(定価より−228円)

 

東京〜新潟間の利用ではあまりオトクではありません。

距離の長い移動だと株主優待券の利用はおトクになります。

 

ですが株主優待券の有効期限は毎年5月31日なので、ゴールデンウィークを過ぎると一気に値下がりします。

5月末までに株主優待券を使って予約をすれば6月末まで乗車することが出来るので格安で株主優待券をゲットできればお得になります。

 

上越新幹線の予約格安チケットまとめ

上越新幹線の東京〜新潟間の新幹線チケットのみを1番格安で購入出来るのはえきねっとの「お先にトクだ値」を利用した6,860円が最安値になります。

宿泊とセット購入ではレールパック利用の6,700円が最安値に。

えきねっとは登録をするだけで、条件もクレジット購入のみで利用できるのでもっとも簡単に格安で新幹線チケットを購入できます。

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-新幹線・特急
-, , , , , ,

Copyright© ゆるりくるり , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.