日々の生活に役立つ情報をお伝えします

ゆるりくるり

お出かけ

高齢者とのディズニーシーの楽しみ方!休日に80歳の祖母と行ってきた!

更新日:

わたしのおばあちゃんは今年で80歳。

ずーーーーっと昔からディズニーシーに行きたいと言い続けていました。

でもなかなか家族みんなの予定が合わず、80歳まで連れて行ってあげられず。

でもこれ以上年齢が高くなったら一緒に行けるかどうかわからない・・・

そんな焦りを感じようやくディズニーシーへの計画を本格的に立てることに!

 

そして!2018年9月の3連休の祝日におばあちゃん・叔母・父・母・妹・私の家族6人全員の予定が合いました!

祝日なのがすごく気になったのですが、ここを逃したらもう家族みんなでのディズニーシーの夢は叶わなくなってしまう!と大混雑覚悟で行ってきました!

 

わたしと妹はディズニーランド・シー共に20回以上は行っていて、妹は元年パス持ち!

そんな私たち姉妹が高齢者の80歳のおばあちゃんが無理なく最大限に楽しめるように計画を組み初めてのディズニーシーを楽しんでもらいました!

ここでは、祝日のディズニーシーを高齢者でも楽しめるアトラクションやファストパスの効率的な取り方、無理のない休憩の取り方やお土産を買うおすすめの時間帯など実際の反省点などを踏まえてお伝えします。

 

これから高齢者の方と一緒にディズニーシーに行こうと思っている方の参考になれば嬉しいです!

スポンサーリンク

ディズニーシーに行く前から楽しんでもらう方法

ディズニーシーに行くことが決まったのが当日の約10日前。

結構急に決まったのですが、そこからどんどん準備を進めて行きました!

おばあちゃんからすると初めてのディズニーシー。

しかもずーーーっと行ってみたかった場所。

 

まず、わたしがおばあちゃんの為に用意したのがディズニーのガイドブック

ディズニーの本って読んでいるだけでワクワクしますよね。

行ったことあるわたしが読んでもそう思うのだからおばあちゃんには更にワクワクしてもらえるのじゃないかな?とAmazonで購入して即日配達でおばあちゃんの家に届けてもらいました。

ディズニーの本もたくさん出ていて迷ったのですが、今回ハロウィン期間に行くのでその他の期間の情報が入っていると混乱してしまうかもと思いハロウィンのみに特化したガイドブックを購入しました!

しかもプレゼント用を選ぶとラッピング(有料)やメッセージカード(無料)をつけることができ、わたしは無料のメッセージカードを選んで送りました。

「ディズニーシーに行く前の時間もこれを読んで楽しんでね♪」とメッセージカードに書いてもらいました。

 

おばあちゃんは叔母と一緒に住んでいるのですが、叔母に様子を聞いてみると

「毎日嬉しそうにガイドブック読んでいるよ」と言われ、贈ってよかったー!と思いました^^

ガイドブック読んで乗りたいもの・食べたいものがあったら教えてね!と聞くと

「ヴェネツィアン・ゴンドラ」をテレビで観たことがあり乗りたいとのこと。

後は全部おまかせで!ということでした。

 

こういう情報をひとつでも聞き出せたのでガイドブックをプレゼントしたかいがあります^^

高齢者と楽しむディズニーシー!当日のパークまでのアクセスとチケット

おばあちゃんの家からディズニーシーまでは電車で約1時間30分。

当日は泊まりではなく日帰りでのパークインです。

■車

■電車+バス

■電車

3つの行き方があったのですが、3連休最終日の祝日なので車は1番楽だけど渋滞して動けなくなる恐れがあるのでパス。

電車+バスはバスは予約制ではなく先着順に並んでいかなきゃならず、直近の休日のバスの待ち時間をツイッターやヤフーリアル検索で調べると50分〜1時間待ちとなっていてそれだけの時間があれば電車でパークまで行けてしまうので、乗り換えが多くなってしまいますが確実に予定時間に着く電車で行くことにしました。

 

休日のディズニーシーは激混みが予想されます。

なので開園と同時にファストパスを取るのが混雑を最大限回避しながら楽しむコツです!

朝イチでファストパスが取れればその後のファストパス取得までの時間が短くなり、たくさんのファストパスが取れ待ち時間を最大限短くしてアトラクションを楽しむことができます。

なので開園と同時のパークインが高齢者と一緒にディズニーシーを楽しむ最大のポイントとも言えます!

この日は8時開園だったので開園20分前にはディズニーシーに到着して、わたしが列にならんでいる間お手洗いを済ませてきてもらっていました。

 

必ずパークチケットは事前購入がオススメです!

当日パークで購入しようとするとチケット待ちの列とパーク入園の列と2回並ばなくてはならず時間のロス+体力の消耗になってしまうので必ず前日までにパークチケットは購入しておきましょう。

高齢者と楽しむことができるディズニーシーアトラクション

高齢者でも楽しむことが出来るディズニーシーのアトラクション一覧をまとめました!

ディズニシーの高齢者でも安心なアトラクション

■トランジットスチーマーライン

■ヴェネツィアン・ゴンドラ

■タートルトーク

■エレクトリックレールウェイ

■シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ

■マジックランプシアター FP有り

■マーメイドラグーンシアターFP有り

ディズニシーの注意が必要だが高齢者でも楽しめるアトラクション

人によっては揺れたり空を飛んだりと注意が必要ですが、高齢者でも楽しむことの出来るアトラクションです。

■アクアトピア

■ニモ&フレンズ・シーライダー

■キャラバンカルーセル

■ジャスミンのフライングカーペット

■スカットルのスクーター

■海底2万マイル FP有り

実際に80歳のおばあちゃんと一緒に楽しんだアトラクション

80歳のおばあちゃんと一緒にわたしたちが実際に楽しんだアトラクションがこちら。

■ヴェネツィアン・ゴンドラ

■海底2万マイル FP有り

■マジックランプシアター FP有り

■マーメイドラグーンシアターFP有り

■スカットルのスクーター

■アクアトピア

■エレクトリックレールウェイ

 

全部で7個のアトラクションを楽しめました!

おばあちゃんと一緒に楽しんだのはこの7個ですがこの他にレイジングスピリッツとインディージョーンズアドベンチャーも乗れています。

祝日にも関わらずかなりたくさんのアトラクションを楽しむことが出来ました!

ちなみに滞在時間は8時から16時30分の間です。

なぜこんなにアトラクションに乗ることが出来たのかについては、タイムスケジュールと一緒に詳しく後述します!

お土産は朝に購入してロッカーに!

お土産と言えば遊び終わって帰る頃に購入するのが一般的ですが、高齢者と一緒の休日・祝日のディズニーシーの場合はぜっっっったいにオススメできません!

みんな考えることは同じなので、夕方以降のお土産やさんはかなり混雑します!

休日・祝日はお昼頃から混雑が始まります。

 

お土産やさんの人混みは尋常ではありません!

その中でお土産を選ぶだけで大変だし、はぐれてしまったら中々見つけることが出来ずに危険です。

特に足腰に心配がある方は混雑したお土産やさんほど危険なところはありません!

 

1番安全に混雑を避けてお土産を選ぶことが出来るのが朝です!

朝にお土産やさんで先にお土産を選び、ロッカーに預けてしまえば手荷物の心配もありません。

とは言え朝イチはファストパスを取ったりと忙しいですよね。

どのタイミングでお土産を選べばいいのか後述のタイムスケジュールでお伝えします!

レストランは事前予約がおすすめ!

特に休日・祝日の際はレストランもかなりの混雑が予想されます。

空いているレストランを探して混雑しているパークをウロウロ歩くのは高齢者にとってはかなりの負担になってしまいます。

なので、事前予約が出来るレストランを予約してしまうのがおすすめ!

ディズニーシーの事前予約が出来るレストラン一覧

■S.S.コロンビア・ダイニングルーム(お肉メインのセットメニューが豊富)

■マゼランズ(コース料理)

■リストランテ・ディ・カナレット(パスタ・ピザ)

■レストラン櫻(和食)

■ホライズンベイ・レストラン(ディズニーキャラクターダイニング)

 

ディズニーシーではこの5つのレストランで利用日の1ヶ月前10:00〜前日20:59までの事前受付が出来ます。

スポンサーリンク

私たちも予約をしようとしたのですが、祝日利用の10日前ではどのレストランも全ての時間で予約がいっぱい。

結局レストランの予約は取れませんでした。

事前予約ができなかった場合のレストランの選び方

レストラン予約は当日枠もありオンラインで当日の9時から受付開始なのですが、これも結局すぐにいっぱいになってしまい私たちはとれませんでした。

なので時間をずらす作戦に!

みんな朝ごはんも早くたべて朝8時の開園と同時にパークインしているので9時すぎには小腹が空いてきます。

なのでハロウィンらしい食べ物を食べようとノーチラスギャレーに「ツートーンギョウザドッグ」を食べに行きました!

ここなら席もあり日陰なのでゆっくりと休憩がてら食事がとれます。(当日は最高気温30度で少し暑い日でした)

まだ10時前なのに店内は混み合ってきていて6人がけの席を見つけるのに少し苦労しましたが、すぐに座ることが出来ました。

おばあちゃんは全部食べきれらないのでわたしと半分こ!

 

食べ終わって店内を出るときには長蛇の列になっていて、あのタイミングで食べなかったら食べられなかったと思います。

ここで軽く食べておいたので、お昼をまたいでも大丈夫という安心感が!

休憩にもなり大正解でした。

 

そしてお昼は13時すぎに「カスバ・フードコート」でカレーを食べました。

本当はもう少しちゃんとしたところで食べさせてあげたかったのですが、ちょうどマジックランプシアターを見終わってお店が空いていそうだったので迷わずはいりました!

休日・祝日のディズニーシーで大切なことが、どこに入るか迷わないこと

どうしようと悩んでいるうちに時間も体力も消費してしまうので、本当は予約が取れれば1番良いのですが、取れなかった場合はその場のタイミングを逃さないようにしましょう。

私たちが入ったあとにどんどんお客さんが増え席はどこも空きがなくなっていました。

どこにするか悩んでから入っていたら、混雑に巻き込まれすぐに座れなかったと思うのでちょっと不本意ではありましたがこのレストランにタイミングよく入れてよかったと思います。

美味しいものを食べてもらうために歩いて移動して待つよりかは、サッと入れてすぐに座れるほうがよっぽどおばあちゃんにとってはよかったです^^

 

高齢者と楽しむ為のファストパスの取り方とタイムスケジュール!

ここからは実際に私たち家族6人で行ったときのファストパスの取り方やアトラクションの回り方・お土産やさん・レストランなど全てのタイムスケジュールについてお伝えします!

2人以上ディズニー慣れしているからこそのタイムスケジュールなのですが、お役に立てたら光栄です!

※わかりやすいようにディズニー慣れしている私たち姉妹を「姉」「妹」で表します。

 

7時40分 ディズニーシー到着 

「姉」入園列に並ぶ

「妹」みんなをお手洗いに案内してその後入園列に合流

8時00分 ディズニーシー開園

「姉」みんなを連れてゆっくりとヴェネツィアン・ゴンドラに

「妹」海底2万マイルのファストパスを取りに行きみんなと合流

「ヴェネツィアン・ゴンドラ」に乗る

8時30分 お土産やさん巡り

各自お土産購入と耳やサングラスなどのグッズ購入

コインロッカーに預ける(400円)

9時30分 「ツートーンギョウザドッグ」を食べる

次のファストパスの乗り物の海底2万マイルの付近に移動がてら軽食タイム。

10時00分 「海底2万マイル」ファストパス時間

「姉」みんなを連れて海底2万マイルの付近に

「妹」マーメイドラグーンシアターのファストパスを取りに行きみんなと合流

「海底2万マイル」に乗る

10時30分 「スカットルのスクーター」に乗る

10分待ちだったのでマーメイドラグーンシアターのファストパス時間までのつなぎで乗りました!

11時00分「マーメイドラグーンシアター」ファストパス時間

「姉」みんなを連れてマーメイドラグーンシアターの入り口に

「妹」マジックランプシアターのファストパスを取りみんなと合流

「マーメイドラグーンシアター」を観る

11時40分「マーメイドラグーン内で休憩」

「姉」インディージョーンズアドベンチャーのファストパス×3枚

レイジングスピリッツのファストパス×3枚を取りに行く

※おばあちゃんが乗れるアトラクションのFPを取り尽くしたので、3枚ずつに分けて2アトラクション分のファストパスを取りました。

「妹」みんなを連れ次のファストパスアトラクションのマジックランプシアターまで移動

わたしが戻ってくるまで暑かったのでアイスを食べていました!

12時30分「マジックランプシアター」を観る

13時00分「カスバ・フードコート」でランチ

おばあちゃんは甘口のチキンカレーを食べていました!

14時00分「レイジングスピリッツ」に乗る

「おばあちゃん達3人」近くのベンチで休憩

「アトラクション組」ファストパスで乗る

※ファストパス使用だと、ファストパス入り口からアトラクション終了まで15分でした!

14時45分「アクアトピア」に乗る

待ち時間30分だったので並んで乗りました。

この日は暑く、待っている間の人混みで蒸してしまっていたので、これは乗らなくてもよかったかなと反省です。

おばあちゃんは80歳ですが、アクアトピアの揺れや動きは問題なく楽しんでくれました!

15時10分「エレクトリックレールウェイ」で移動

10分ほどの待ち時間で乗れて、一気にタワーオブテラーの方まで移動しました。

15時30分「テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ」で休憩

アクアトピアの待ち時間で疲れてしまったので休憩!

ふかふかのソファーに落ち着く店内なのでゆっくりと寛ぐことが出来ます。

おばあちゃんはコーヒーフロートを頼み大きさのあまり、ストローに口が届かず軽く腰を浮かしながら飲んでいました。笑

妹は16時からコロンビア船の下で行う「ハロー、ニューヨーク」のショーを1人で観に行きました!

16時15分 お土産屋さん巡り

16時30分からメインショーのためお土産屋さんが空いていたので、最後のお土産やさん巡りをしました。

おばあちゃんは今日一日で好きになった「ダッフィー」と「ジェラトーニ」の小さいサイズの人形を買っていました!

16時30分 帰宅 

16時30分のメインショーの開演と共におばあちゃん・叔母・父・母は帰宅。

交通情報を調べると付近の道路が渋滞していなかったので、父と母が乗ってきた車でおばあちゃんと叔母を家まで送ってもらいました!

1時間かからずおばあちゃんを自宅まで送り届けられたそうです。

私と妹その後インディージョーンズアドベンチャーのファストパスが残っていたので、アトラクションに乗ってからバスと電車で帰宅。

 

これが私たちが行った休日のディズニーシーの実際のタイムスケジュールです!

私と妹で「ファストパスを取りに行く係」「みんなを誘導する係」に分かれて手配出来たので、待ち時間や移動を出来る限り少なくすることが出来ました!

高齢者と楽しむディズニーシー!反省点と気づいたこと

今回初めて高齢のおばあちゃんと一緒にディズニーシーに行き気づいたことが、

「ディズニーシーは階段や坂が多い」ということ。

少し移動するだけでも必ずといっていいほど、階段や坂を通らなくては行けませんでした。

わたしのおばあちゃんは80歳といえど、かなり足腰はしっかりしていてみんなと同じ速度で階段や坂をこなしていましたが、足腰に心配がある人にはちょっと移動は辛い所が多いかなと思いました。

 

そして「待ち時間30分は長い!」です。

今回最長の待ち時間が30分のアクアトピアだったのですが、高齢のおばあちゃんだけでなくわたしにとってもあのアクアトピアの待機の列は辛いなと思いました。

人混みの熱気にやられてしまいます。

なので、アクアトピアに並ぶ際は最高でも15分待ちが限度だなと思いました。

ディズニー感を出すと喜ばれる!

ディズニー気分を楽しんでもらおうと妹がジェラトーニの人形を持っていっていたのですが、これがおばあちゃんに大受け!

まさかこんなに楽しそうにしてもらえるとは・・・というくらい喜んでいました!

1日中ジェラトーニの人形を抱っこしていたおばあちゃん。

叔母が買ってくれたミニーちゃんの耳をジェラトーニにつけてあげていました。笑

ごはんを食べるときも隣におき一生懸命話しかけている姿が微笑ましかったです^^

「ディズニーに来たら思いっきりディズニーの雰囲気を楽しませてあげること」

これが喜んでもらえる1番のポイントな気がします。

ダッフィーの顔のリュックサックを背負っている人を見て羨ましそうにしてたので、次ディズニーシーに一緒に来ることがあればダッフィーのリュックサックを背負わせてあげようと思います^^

高齢者と楽しむディズニーシー!まとめ

おばあちゃんも疲れたとは思いますが、最後まで体調を崩すことなくシャキシャキした足取りでディズニーシーを楽しんでくれました。

ヴェネツィアン・ゴンドラの「チャオ!」のあいさつが気に入ったようでしばらく「チャオ!」の挨拶が続いているそうです。笑

こんなに楽しんでくれるならなんでもっと早く連れて行ってあげられなかったのだろうと自分の不甲斐なさも後悔しましたが、長年の願いを叶えてあげられて本当に嬉しかったです!

次行ける機会があればもっとおばあちゃんは高齢になっているので「ミラコスタ宿泊」を考えたいなと思います!

 

今回の写真は早速フォトブックにしておばあちゃんに贈りました!

1冊約300円で作れるのでわたしは毎回ここでフォトブックを作っています。

しまうまプリントのフォトブック

メール便だと1配送90円なので、そのままおばあちゃんの家に送ってもらいました!

あと数日で届くと思うのでおばあちゃんの反応が楽しみです^^

 

高齢だと大変なことも多いですが間違いなく一緒にディズニーシーに行けてよかったです!

わたしたちのこのタイムスケジュールがぜひみなさんのご参考になれば嬉しいです!

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-お出かけ
-, , , ,

Copyright© ゆるりくるり , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.