日々の生活に役立つ情報をお伝えします

ゆるりくるり

掃除

エアコン掃除を業者に頼む違いと頻度と費用

投稿日:

季節の変わり目、エアコンを久しぶりに使ったらなんだか臭い匂いが・・・
その臭い匂いはカビや菌の匂いなんです。
そのままエアコンを使うと、部屋中にカビや菌を撒き散らしているのと同じこと。
アレルギーなどの健康被害をもたらす可能性もあるのでしっかりと掃除をしましょう。
目に見える範囲だけでなくエアコンの内部にもカビや汚れがびっしりと詰まっていることも。
エアコンの内部の掃除は専門の業者さんに頼みしっかりと掃除をしてもらいましょう。

スポンサーリンク

エアコンの掃除を業者に頼むのと自分でやることの違い

業者さんに頼む一番のメリットはなんといっても自分では掃除の出来ない内部をしっかりと掃除してもらえることです。
エアコンは内部に一番カビや汚れが溜まりやすく目に見える範囲を綺麗にしたとしても、内部は汚れたままです。
内部が汚れたままエアコンを使用するとカビや汚れで汚染された空気が部屋中に蔓延することになり健康によくありません。
定期的にしっかりとプロの業者さんに掃除してもらうことを強くオススメします。

業者に頼むメリット

◯自分では掃除出来ないところまで綺麗にしてもらえる
◯1時間〜2時間で作業が終了する
◯自分で様々な道具やスプレーなどを揃えなくても良い
◯手間がかからない

わたしの場合ですが自分でエアコンのフィンとフィルターとファンを掃除したところ4時間以上かかりました。
プロの業者さんは更に内部の掃除まで含めて1、2時間で終了と本当に早いです。
自分で必要な道具を揃えるのも大変でしかもファンの掃除までしようと思うと女性一人だけだと大変な作業だと思います。

フィンとフィルターの掃除は比較的簡単に出来るので自分で日頃のお掃除はするとして、定期的に業者さんにお願いすることがエアコンを清潔に保つ一番の秘訣です。

エアコンの掃除を業者に頼む頻度

一年に1回春か秋のどちらかで業者さんにエアコンのクリーニングをお願いすることが一番理想的です。

スポンサーリンク

夏の大稼働時にカビや汚れのない状態で迎えたい場合は春
夏の大稼働が終わり汚れがたまったタイミングで一気に綺麗にしたい場合は秋

このようにご家庭にあったタイミングでクリーニングをお願いしましょう。

7〜8月にエアコンを使うからとその時期に業者に掃除を頼むと予約が取りにくい上に、その間エアコンを使えないという不便さが生まれるのでその前か後に行いましょう。
更に春と秋は低価格キャンペーンなどをやっている業者さんも多く価格面からしてもおすすめです。

お掃除機能つきのエアコンも必ず業者によるクリーニングが必要です。
ほとんどの場合がフィルターの清掃のみで内部まで清掃してくれるわけではないので、内部の清掃を業者さんにしてもらう必要があります。

エアコンの掃除を業者に頼んだときの費用

エアコンのお掃除の金額は業者によって開きが出ることも多々あります。
掃除内容も業者によって違ったりするので、しっかりとホームページを確認してご家庭にあった業者さんを選ぶようにしましょう。

【お掃除本舗】
https://www.osoujihonpo.com/house-cleaning/aircon/

◯壁掛けタイプ スタンダード
価格 ¥11,000
時間 約2時間

◯壁掛けタイプ お掃除機能付きエアコン
価格 ¥15,000~¥21,000
時間 3時間〜4時間

【ダスキン】
https://www.duskin.jp/servicemaster/spot/air/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=cleancare

◯壁掛けタイプ
標準料金 ¥12,000

◯壁掛けタイプ フィルター自動お掃除機能付き
標準料金 ¥22,000

【おそうじ革命】
https://cleanrevolution.jp/lp/a8/

価格 ¥9,980〜

このようにざっくりの金額のみで見積りが必要な業者さんも調べるとたくさんあります。
お掃除本舗やダスキンのようにしっかりと価格が載っている業者さんの方が少ない気がします。
しっかりと見積りをお願いし、納得のいく業者にお願いしましょう。

まとめ

エアコンのお掃除により衛生面だけではなく無駄な電力を使わずに運転することが出来るようになり節約にも繋がります。
一年に1回の業者によるクリーニングを習慣化しましょう。

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-掃除
-

Copyright© ゆるりくるり , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.