日々の生活に役立つ情報をお伝えします

ゆるりくるり

天気

特別警報と大雨警報の違い意味と基準雨量

投稿日:

近年大雨による甚大な被害が発生しています。
大雨警報よりも更に緊急性の高い「特別警報」が2013年から施行されました。
実際「大雨警報」と「特別警報」はどのようにちがうのでしょうか。
わたしたちの命を守るためにあるこの警報。
しっかりと意味を理解しましょう。

スポンサーリンク

特別警報と大雨警報の違い

大雨警報
『大雨による重大な土砂災害や浸水害が発生するおそれがあると予想したときに発表』

特別警報
『警報の発表基準をはるかに超える現象に対して発表される。予想される現象が特に異常であるため重大な災害の起こるおそれが著しく高まっている場合に発令』

「注意報」→「警報」→「特別警報」の順に被害のおそれが強くなる。

特別警報の意味

特別警報の基準は、数十年に一度という極めて希で異常な現象を対象として設定され、大雨警報の基準よりもはるかに超える現象が予想されるときに最大級の警戒として特別警報が発令される。

スポンサーリンク

「大雨特別警報」の他に「大雪特別警報」「防風特別警報」「防風雪特別警報」「波浪特別警報」「高潮特別警報」
以上6種類の特別警報がある。

「特別警報」は、警報の発表基準をはるかに超える現象に対して発表され、例えば、「東日本大震災における大津波」や「伊勢湾台風」の高潮、「平成23年台風第12号」の豪雨等が発表の対象となる。

「特別警報」が発表されていないからと安心するのは禁物です。
常に最新の気象情報に注意し、早め早めの行動をとることが大切です。

大雨警報の基準雨量

注意報や警報は各地の地形、地盤の強度、気候によって地域ごとに異なります。
大雨警報も同様で地域ごとに基準雨量が変わってきますのでこちらの気象庁発表の情報を参照し自分の住んでいる地域の大雨警報の基準雨量を事前に確認しておきましょう。

まとめ

特別警報の基準は、数十年に一度という極めて希で異常な現象を対象として設定され、大雨警報の基準よりもはるかに超える現象が予想されるときに最大級の警戒として特別警報が発令されます。
特別警報が発令されていないからと油断は禁物です。
急に気象が変わることも考えられますので常に万が一に備えて準備を行うことが大切です。

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-天気
-,

Copyright© ゆるりくるり , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.