日々の生活に役立つ情報をお伝えします

ゆるりくるり

紅葉

生田緑地の紅葉の見頃時期とスポット!ライトアップと営業時間アクセス

投稿日:

「日本民家園」「岡本太郎美術館」「藤子F不二雄ミュージアム」など様々な施設が併設されている生田緑地

真っ赤なモミジから圧巻のメタセコイアの黄葉・古民家と紅葉のライトアップまで様々な秋の姿を楽しむことが出来ます。

大混雑に巻き込まれずに紅葉を楽しめる穴場スポットでもある生田緑地。

ここでは、生田緑地の紅葉の見ごろ時期、おすすめスポット、ライトアップ、営業時間、アクセス情報をお伝えします!

スポンサーリンク

生田緑地の紅葉の見頃時期シーズン情報

生田緑地の紅葉の見ごろ時期おすすめ

広大な敷地を誇る生田緑地では、イロハモミジの他、ケヤキ・メタセコイア・カエデなどが次々と色づくため、10月下旬から12月中旬にかけて紅葉を楽しむことができます。

モミジが真っ赤に染まった見頃ピークは例年11月中旬から11月下旬になり古民家との美しい風景を臨むことができるオススメの時期です。

生田緑地の紅葉シーズン予想10月11月12月

生田緑地の10月〜12月の紅葉の色づき予測はこちらになります。

生田緑地の紅葉10月

・10月上旬:緑葉

・10月中旬:ほぼ緑葉

・10月下旬:全体的にうっすらと色づき始める

生田緑地の紅葉11月

・11月上旬:メタセコイア林が黄葉に染まり始める

・11月中旬:日本民家園のモミジが見頃を迎える

・11月下旬:日本民家園モミジ・メタセコイア林の黄葉が見頃

生田緑地の紅葉12月

・12月上旬:日本民家園モミジ・メタセコイアの落葉が始まる

・12月中旬:メタセコイア林の黄葉の絨毯

・12月下旬:全体的に落葉

 

生田緑地の紅葉スポットとライトアップ情報

生田緑地の3つの紅葉スポット

生田緑地には多数の紅葉見どころスポットがありますが、ここでは特にオススメの見所スポットについてお伝えします。

日本民家園のイロハモミジ

出典:http://www.ikutaryokuti.jp/index.php

古民家を展示する川崎市立日本民家園ではかやぶき屋根などの日本の風景とともに紅葉が楽しめます。

特に11月中旬から下旬のモミジの紅葉は大変美しく鳥肌が立つほどの圧巻の光景です。

日本民家園ではライトアップも行われ、幻想的な紅葉と昔ながらの民家のコラボレーションを楽しむことが出来ます。

※ライトアップについては下記参照

メタセコイア林の黄葉

出典:http://www.ikutaryokuti.jp/index.php

上を見上げればメタセコイアの黄葉と空の青さが広がるメタセコイア林。

メタセコイアの絨毯が出来る12月中旬まで楽しむことが出来ます。

「奥の池」と呼ばれる紅葉スポットがあり池とカエデのコントラストをみせてくれます。

枡形山の展望台から紅葉越しの富士山や東京スカイツリー

出典:http://www.ikutaryokuti.jp/index.php

天気の良い日には紅葉越しの富士山やスカイツリー・東京タワーなどを望むことができる「枡形山の展望台」

真下に広がる紅葉とビルが敷き詰められた賑やかな街並みと空と雲を静かな山から眺める時間。

なんとも不思議な感覚に陥る見どころスポットです。

生田緑地の紅葉のライトアップ情報

参照:http://www.nihonminkaen.jp/

スポンサーリンク

生田緑地内の施設「日本民家園」では毎年11月後半に古民家と紅葉のライトアップが行われます。

今年2018年は11月24日(土)・25日(日)日の入りから20:00まで川崎市日本民家園内各所にて実施されます。

※雨天縮小決行・荒天中止

 

生田緑地の営業時間とアクセス情報

生田緑地の営業時間・休館日・入場料金

生田緑地の開園時間

24時間入ることが出来ます。

生田緑地内の施設によって開園時間が変わります。

紅葉おすすめスポットの「日本民家園」は9:30〜17:00(11月〜2月16:30まで)入園は閉園30分前までになります。

※ライトアップ期間は営業時間延長

生田緑地の休館日

休園日はありません。

生田緑地内の施設によって休館日が設けられている所もあります。

紅葉おすすめスポットの「日本民家園」は月曜(祝日の場合翌火曜)、祝日の翌日(土・日曜の場合は開園)、年末年始が休園日になります。

生田緑地の入場料金

生田緑地には無料で入園することが出来ます。

「日本民家園」「かわさき宙(そら)と緑の科学館のプラネタリウム」「川崎市岡本太郎美術館」「川崎市藤子・F・不二雄ミュージアム」は別料金になります。

生田緑地の最寄り駅とアクセス情報

住所:神奈川県川崎市多摩区枡形7丁目1−4

生田緑地には「東口」「西口」「北口」の3つの入り口があります。

紅葉目的では「東口」と「西口」がおすすめです。

東口へのアクセス

東口は「日本民家園正門」「メタセコイアの林」「枡形山の展望台」などが近い入口です。

【最寄り駅・アクセス】

・小田急線「向ヶ丘遊園駅」下車 南口から徒歩約13分

・小田急線/JR南武線「登戸駅」下車 生田緑地口から徒歩約25分

・小田急線「向ヶ丘遊園駅」南口より、市バス【溝19】おし沼経由「溝口駅南口」行き、「生田緑地入口」下車 徒歩約3分で東口へ

・JR南武線/東急田園都市線「武蔵溝ノ口駅」南口より、市バス【溝19】生田緑地入口経由「向丘遊園南口」行き、「生田緑地入口」下車徒歩約3分で東口 など

【車でのアクセス】

・川崎方面から府中街道「稲生橋」交差点を左折、直進約2分で東口駐車場へ

・東名高速「東名川崎IC」より、出口信号を左折、「犬蔵」交差点を右折、道なりに約10分で東口駐車場

西口へのアクセス

「岡本太郎美術館」「伝統工芸館」が近い入口です。

生田緑地おすすめの「秋の紅葉コース」は西口からが近いです。

【最寄り駅・アクセス】

・小田急線「向ヶ丘遊園駅」下車 南口から徒歩約13分

・小田急線「向ヶ丘遊園駅」北口より、小田急バス「専修大学前」行き、終点下車 徒歩約5分で西口

【車でのアクセス】

・東名高速「東名川崎IC」より、出口信号を左折、「清水台」交差点を右折し直進約10分、浄水場通り「専修大学入口」交差点を右折、ゴルフ場沿いに進むと西口駐車場

駐車場情報

駐車場は「東口」「西口」の2箇所にあり、料金はどちらも同じです。

1時間以内:200円

超過料金30分毎(合計2時間以内):100円

超過料金30分毎(合計2時間超):50円

※平日限定割引で【川崎市立日本民家園】【岡本太郎美術館】【かわさき宙と緑の科学館(プラネタリウム)】のいずれか2施設以上を見学すると、入庫後最初の2時間(400円)超過後の追加分が最大で2時間分無料となります。

わかりにくい料金の仕組みなのですが、滞在時間2時間なら400円、3時間なら500円です。

平日限定割引が適用される場合は、4時間滞在したら本来なら600円かかるところが最初の2時間の料金400円になるということです。

2時間しか滞在していない場合は平日割引は適用されず400円の駐車料金になります。

平日割引は2時間以上4時間未満がオトクになる仕組みです。

 

生田緑地の紅葉まとめ

約440種4000株の秋のバラが咲き誇る「バラ園」や、カフェからのんびり眺める紅葉景色など生田緑地にはたくさんの見所スポットがあります。

紅葉の見頃時期である11月中旬から下旬でも大混雑することはなく、ゆったりとした時間を過ごすことが出来る穴場スポットでもある生田緑地。

都会の謙遜から離れた自然の空気を満喫してください!

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-紅葉

Copyright© ゆるりくるり , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.