日々の生活に役立つ情報をお伝えします

ゆるりくるり

花火大会

鎌倉花火大会2018 水中花火とおすすめの観覧場所

投稿日:

毎年多くの観客で賑わいを見せる鎌倉花火大会。
2500発と多くない打ち上げ数ですが神奈川の人気花火ランキングで常に上位にランクインし例年15万人程が訪れる人気の花火大会です。
2018年も鎌倉花火大会の開催が決定したのでぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

鎌倉花火大会の2018年の日程

第70回鎌倉花火大会

日にち 2018年7月24日(火)
予備日 2018年7月25日(水)両日とも出来ない場合は中止
時間 19:20〜20:10
打上数 2500発
場所 由比ガ浜海岸・材木座海岸
参照 http://www.kamakura-info.jp/topics/58612

鎌倉花火大会では水中花火が見どころ

鎌倉花火大会の見所はなんといっても由比ヶ浜海岸沖の船から水中に投げ込まれる水中花火

海面で扇状に炸裂し海面に反射し幻想的な丸い花火を作り出します。

その他にも著名な花火業者の作った作品花火やスターマイン、「サポーター花火」と呼ばれる花火玉の購入者からのメッセージとともに打ち上げる花火など2500発の花火のなかに見所がたくさんあります。

2017年鎌倉花火大会の動画

スポンサーリンク

鎌倉の花火を見るおすすめの場所

材木座海岸

花火打上場所と距離が近いので、大迫力で花火を観賞できるおすすめの場所です。
海水浴場となっており広いのでレジャーシートなどで場所とりが出来ます。

披露山公園

鎌倉花火大会を眼下に観賞できるおすすめの穴場スポットです。
花火打ち上げ場所からやや離れていることもあり例年あまり人は多くなくゆっくりと花火鑑賞を楽しめます。
JR逗子駅よりバス小坪経由鎌倉行きに乗車しバス停「披露山入口」より徒歩15分と交通の便があまりよくないのですが人混みから離れて花火鑑賞をしたい方には非常にオススメです。

鎌倉海浜公園坂ノ下地区

花火の打上地点から多少離れるのですが、水中花火もしっかりと楽しめるおすすめスポットです。
江ノ島電鉄「長谷駅」より徒歩15分と少し歩くのですがその分花火開始時間ぎりぎりに行っても場所取りが出来るので、平日の開催日なのでお仕事終わりに行く人にもオススメです。

まとめ

平日開催の鎌倉花火大会ですが、お仕事終わりにいっても水中花火を見られるスポットはたくさんあります。
自分だけのベストスポットを見つけるのも楽しいかもしれません。
ぜひ鎌倉花火大会の水中花火をご覧ください。
感動すること間違いなしです。

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-花火大会
-,

Copyright© ゆるりくるり , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.