日々の生活に役立つ情報をお伝えします

ゆるりくるり

初詣・初日の出

真鶴岬の初日の出の混雑予想!ご来光時間とおすすめスポット

更新日:

真鶴岬の初日の出は全国にも数多くのファンがいるパワースポット。

一度真鶴岬のはつひの出を見たら毎年訪れたくなる魅力があります。

ここでは真鶴岬の初日の出の混雑予想と回避方法、ご来光時間、服装、おすすめスポットについてお伝えします!

スポンサーリンク

真鶴岬の初日の出の混雑予想と回避方法

真鶴岬のはつひのでの混雑予測

例年真鶴岬の初日の出を見に訪れる人は約2000人。

初詣の大混雑を考えると大した混雑ではなく、三脚を立てて撮影をしたりする余裕は十分にあります。

ですが、真鶴岬の初日の出を見に訪れるのに注意が必要なのが渋滞です!

初日の出の時間に訪れるには車でしかアクセスが出来ないので、駐車場渋滞が発生します。

この駐車場渋滞に巻き込まれてしまうと、渋滞の中でご来光を拝むことになってしまいます。

真鶴岬の混雑は人よりも車の渋滞がポイントです!

真鶴岬の初日の出の混雑回避方法

いかにして渋滞を避けて駐車場に車を止めるかが混雑回避の方法になります。

・3時までに到着し一番近い無料駐車場に止める

・付近の別の駐車場に止めて歩いて真鶴岬に行く

この2つがポイントです!

駐車場情報と共に渋滞回避方法について詳しくまとめましたのでこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

真鶴岬の初日の出のご来光時間とおすすめの服装

真鶴岬の初日の出の時間と気温

真鶴岬の初日の出の時間は6時50分ごろになります。

1月の真鶴岬の最低平均気温は1.1度

海が目の前の岬なので風が強く体感温度はさらに低いです。

まだ早朝暗い内から場所取りをすると思うので大げさなほどしっかりと防寒対策をして初日の出を見に行きましょう。

真鶴岬の初日の出のおすすめの服装と持ち物

極寒の中待機するのにも耐えられる服装と持ち物についてこちらにまとめしたのでご覧ください。

真鶴岬の初日の出のおすすめスポット

真鶴岬の初日の出をみるのにおすすめのスポットを2つご紹介します。

三ツ石海岸

岬の先端にある巨大な石の「三ツ石」。

三ツ石にはめられたしめ縄から初日の出が昇る姿が有名です。

三ツ石海岸からは一番近く三ツ石の姿を見ることが出来ますが、しめ縄の間から日が昇る姿は見れません。

三ツ石海岸からは三ツ石の左手に初日の出が上がる姿が見れます。

しめ縄の間から昇る姿を見たい場合は「番場浦海岸」になりますので間違えないように注意が必要です!

三ツ石海岸で見る初日の出は、目の前に遮る物がなくご来光との距離がすごく近く感じます。

赤く染まった空と海に包まれる一体感はなんとも言えないパワーをもらった気持ちに!

個人的には三ツ石海岸が真鶴岬一番の初日の出スポットだと思います。

「ケープ真鶴」から海側に階段を下ると三ツ石海岸に出ます。

ゴツゴツした岩で歩きにくいのでまだ暗いうちは十分注意してください。

懐中電灯を1人1個持っていくのがおすすめ!

携帯のライトでは全体を照らせず、足場が悪いので出来るだけ懐中電灯を持っていくようにしてください。

番場浦海岸

三ツ石のしめ縄の間からご来光をみることが出来る「番場浦海岸」。

無料駐車場もあるので車でのアクセスがしやすいです。

思っている以上に三ツ石との距離があるので肉眼でみるとしめ縄がよく見えません。

みなさん三脚を立てて望遠レンズで撮影をしている人が多くいます。

なので番場浦海岸は写真撮影をメインに初日の出を見たい人におすすめのスポットです。

肉眼でのみ初日の出を楽しみたい方は「三ツ石海岸」のほうが迫力あるご来光を見れます。

番場浦海岸も足場が悪いので、懐中電灯は必須!

カメラの道具を持っていく人は落とさないように注意してくださいね。

バッグのチャックが開いていてレンズを岩の上に落として割ってしまった人がいます。涙

真鶴岬の初日の出のまとめ

駐車場さえ確保できれば、混雑などは気にならず初日の出を拝むことが出来ます。

海と空と太陽が真っ赤に輝く真鶴岬のご来光を浴びて1年の始まりを縁起の良い1日をお過ごしください!

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-初詣・初日の出
-, , , , , ,

Copyright© ゆるりくるり , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.