日々の生活に役立つ情報をお伝えします

ゆるりくるり

犬の足にフローリングは危険 ケガや病気になる可能性が

投稿日:

わが家のリビングはワンコをお迎えする前は一般的なフローリングでした。
だけどフローリングだと滑ってしまって犬の足に悪いと知りワンコが来る前にタイルカーペットを全面に敷き詰めることに!

でもなんでフローリングだと犬の足によくないのだろう、掃除もしやすくて毛も絡まらなくて衛生的なのに・・・と思い詳しく調べてみました。

調べてみてびっくり!
こんなにもフローリングのリスクが犬にとって大きいなんて思っていませんでした。

スポンサーリンク

犬にとってフローリングがダメな理由

犬は肉球だけで歩いているのではなく爪を食い込ませながら歩いている
犬にとって爪はスパイクのような役割。
そのスパイクのような爪を使い山道などもひょいひょいと登っていけます。
なので爪が食い込めないツルツルした氷の上やフローリングなどのツルツルした床はとっても苦手。
人間もスパイクを履きながら氷の上を走ってください・・・と言われたらすっごく怖い。涙
捻挫や骨折をする危険性もあるし足を捻ってしまいそう。
それと全く同じことが犬にとってのフローリングなのです。

◯変に力が入り筋肉を痛める
◯しっかりと踏ん張ることができない
◯足が滑って体勢を崩す
◯飛び降りたりジャンプをしたとき、着地に失敗する

このようなことが考えられます。

犬の足にフローリングは危険病気のリスクが

◯捻挫、骨折、打撲(関節炎)
◯股関節形成不全(中・大型犬がなりやすい)
◯膝蓋骨脱臼(小型犬がなりやすい)
◯椎間板ヘルニア(ダックスフンド・パグ・シーズーなどがなりやすい)

これらのことが心配されます。
重度の症状になると手術や入院が必要になり、最悪の場合完治せず歩行困難になることも考えられるので要注意。

犬のために床はフローリングがおすすめ

わが家のワンコがもし足を痛めて動けなくなってしまったら。
手術でもよくならず歩行困難になってしまったら。
フローリングの上にタイルカーペットを敷いておいてよかったなと本当に思います。

スポンサーリンク

10年、15年、20年・・・使い続ける脚。
防げるリスクは防いでおくに越したことはありません!!

なのでわが家はこちらのタイルカーペットを購入。

タイルカーペットの敷き方

50センチ×50センチの寸法で部屋の形が歪なところは自分でカッターを使ってカット。
力を入れないとしっかり切れないので大きめのカッターを使うのがオススメ。
万が一床に傷がつかないように養生をして切ったほうがいいかも。
わが家はまっすぐ切るためにタイルカーペットを2枚使い、片方を定規代わりに使って切ったのでカッターひとつですべて出来ました。
糊を敷くことで強度は上がるのでしょうが、フローリングの上に糊を敷くことはさすがに出来ないので・・・そのままタイルカーペットを敷き詰めましたがきっちり敷き詰めることが出来たので浮いたり隙間ができることなく現在も使えています。

コルクマットなども検討していたのですが、絶対にガリガリして食べてしまうか穴ぼこだらけになる・・・と思いコルクマットと比べると若干お高いのですがタイルカーペットにしました!

まとめ

タイルカーペットにしたおかげでお粗相してしまったところだけ取り外してよく消臭スプレーをして天日干しにすることができ衛生的だし臭いも残らない。
あまりにも汚れが気になったところはすぐに新品と交換できるしすごく便利でした。
絨毯とは違い毛が短いので、ワンコの毛も絡みつくことなく掃除機で楽に吸い取れます。
ワンコだけでなく人間も夏は裸足で歩いても暑苦しくなく、フローリングと違い冷たくないので冬も快適に過ごすことができ春夏秋冬オールシーズン快適に過ごせます♪

大切な愛犬の足を守るために!タイルカーペットオススメです♪♪

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-
-,

Copyright© ゆるりくるり , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.