日々の生活に役立つ情報をお伝えします

ゆるりくるり

年末年始 渋滞カレンダー

年末年始の高速道路の渋滞予測カレンダー2018‐2019

投稿日:

年末年始を実家や旅行先で過ごす人の帰省ラッシュが今年も始まりますね。

各高速道路でも渋滞予測が発表され20キロ以上の渋滞が見込まれる区間がたくさんあります。

ですが、渋滞は一時のことで時間を少しずらしただけでかなり混雑具合が変わるのをご存知ですか??

数時間ずらしただけで渋滞にはまることなく、快適にドライブが可能な場合が多いです!

ここでは、各高速道路の2018~2019年の年末年始【12月29日~1月6日】期間の上りと下りの渋滞予測について時間ごとの渋滞が一目でわかるカレンダーを一覧でまとめました。

関東地方と関西地方に分けましたので、利用する高速道路情報を確認し渋滞に巻き込まれずに快適なドライブをしてください!

スポンサーリンク

年末年始の高速道路の渋滞予測カレンダー2018‐2019【関東】

東名高速道路の年末年始の渋滞予測

東名高速道路の年末年始の渋滞予測カレンダー2018-2019年!

渋滞ワーストランキング1位常連の東名高速道路は年末年始が大渋滞が発生予想です。

東名高速道路の上りがもっとも混んでいるのは、1月1日(火)・2日(水)・3日(木)

下りがもっとも混んでいるのは、12月30日(日)・31日(月)

御殿場~横浜町田の区間では最大で40キロ以上の渋滞予測が見込まれているので渋滞予測カレンダーで空いている時間を参考にしお出かけをしてください!

圏央道の年末年始の渋滞予測

圏央道の年末年始の渋滞予測カレンダー2018-2019年!

圏央道の上り・下りともにもっとも混んでいるのは、1月2日(水)です。

ですが、渋滞予測時間は限られていますので数時間ずらすだけで渋滞回避出来る区間がほとんどですのでカレンダーで時間を確認しお出かけの予定をたててください。

中央道の年末年始の渋滞予測

中央道の年末年始の渋滞予測カレンダー2018-2019年!

中央道の上りがもっとも混んでいるのは、1月1日(木)、1月2日(水)、1月3日(木)。

下りは大きな渋滞は起きない予想です。

上りの「大月インターチェンジ」から「八王子ジャンクション」の間で20キロ以上の渋滞が発生予想なので、この渋滞に巻き込まれないようにお気をつけください!

関越自動車道の年末年始の渋滞予測

関越自動車道の年末年始の渋滞予測カレンダー2018-2019年!

関越自動車道の上りがもっとも混んでいるのは、1月2日(水)・3日(木)。

下りはほぼ渋滞しない予測です。

上りでは30キロ以上の渋滞が予測されていますので注意が必要です。

常磐自動車道の年末年始の渋滞予測

常磐自動車道の年末年始の渋滞予測カレンダー2018-2019年!

常磐道の上りがもっとも混んでいるのは1月2日(水)。

下りは年末から大晦日、お正月ともに5キロ以上の渋滞は発生しない予想です。

上りも時間をずらすと渋滞回避が出来る区間がほとんどなので渋滞予測カレンダーをぜひご活用ください!

東京湾アクアラインの年末年始の渋滞予測

東京湾アクアラインの年末年始の渋滞予測カレンダー2018-2019年!

アクアラインの上り・下りともにもっとも混んでいるのは1月2日(水)、1月3日(木)です。

どちらも観光地でもある『海ほたるパーキングエリア』に立ち寄るための渋滞です。

渋滞予測時間=海ほたるの混雑時間でもあるので海ほたるに立ち寄る予定の方は渋滞していない時間を狙うのがおすすめです!

新東名高速道路の年末年始の渋滞予測

新東名高速道路の年末年始の渋滞予測カレンダー2018-2019年!

新東名の上りは全体的に大きな渋滞はほぼ発生しない予想です。

下りは1月3日の午後に最大で10キロの渋滞が発生する見込みなので、時間をずらしてのお出かけ・お帰りがおすすめです。

東北自動車道の年末年始の渋滞予測

東北自動車道の年末年始の渋滞予測カレンダー2018-2019年!

東北道の上りがもっとも混んでいるのは1月2日(水)、1月3日(木)。

下りがもっとも混んでいるのは1月2日(水)。

「岩船JCT~久喜IC」間では佐野アウトレットモールの初売り客で渋滞が発生する予想で、最大で35キロ前後の渋滞になる見込みなのでお出かけの際は注意が必要です!

スポンサーリンク

東京外環自動車道の年末年始の渋滞予測

東京外環自動車道の年末年始の渋滞予測カレンダー2018-2019年!

東京外環道の上り・下りともにもっとも混んでいるのは1月2日(水)、1月3日(木)。

この日にち以外はほぼ大きな渋滞は発生しない予想なので、2日と3日にお出かけ予定の方は渋滞予測カレンダーを参考にお出かけ時間を調整してください。

年末年始の高速道路の渋滞予測カレンダー2018‐2019【関西】

東海北陸自動車道の年末年始の渋滞予測

東海北陸自動車道の年末年始の渋滞予測カレンダー2018-2019年!

東海北陸道の上りがもっとも混んでいるのは1月2日(水)、1月3日(木)。

下りがもっとも混んでいるのは1月4日(金)、1月5日(土)、1月6日(日)。

上りの「一宮木曽川IC~一宮JCT」区間では最大で5キロの渋滞がお昼から深夜まで発生する見込みなので注意が必要です。

九州自動車道の年末年始の渋滞予測

九州自動車道の年末年始の渋滞予測カレンダー2018-2019年!

九州道の上りがもっとも混んでいるのは1月2日(水)、1月3日(木)。

下りは年末から大晦日、お正月ともに5キロ以上の渋滞は発生しない予想です。

上りは「菊水IC~久留米IC」区間では最大で25キロの渋滞が予想され通過するまでに1時間以上かかる見込みなので、この渋滞に巻き込まれないようにお出かけ時間を調整することをおすすめします。

新名神高速道路の年末年始の渋滞予測

新名神高速道路の年末年始の渋滞予測カレンダー2018-2019年!

新名神の上りがもっとも混んでいるのは1月2日(水)、1月3日(木)、1月4日(金)。

下りがもっとも混んでいるのは12月29日(土)、1月2日(水)。

上りではとんでもないほどの渋滞が発生する予想で、渋滞予測カレンダーをみてお出かけ時間と渋滞予想時間が被ってしまう場合迂回路を考えたほうがよいほどの渋滞が見込まれています。

山陽自動車道の年末年始の渋滞予測

山陽自動車道の年末年始の渋滞予測カレンダー2018-2019年!

山陽道の上りがもっとも混んでいるのは1月2日(水)、1月3日(木)。

下りがもっとも混んでいるのは12月29日(土)、1月3日(木)。

上りの備前インターチェンジから播磨ジャンクションまでの区間で、最高で15キロ前後の渋滞が発生する予想なので、渋滞予測カレンダーは必須です!

中国自動車道の年末年始の渋滞予測

中国自動車道の年末年始の渋滞予測カレンダー2018-2019年!

中国道の上りがもっとも混んでいるのは1月2日(水)、1月3日(木)。

下りがもっとも混んでいるのは12月29日(土)、1月2日(水)。

ごく限られた時間帯のみ渋滞が発生する予測なので、数時間ずらすだけで渋滞回避ができる可能性が高いです。

東名阪自動車道の年末年始の渋滞予測

東名阪自動車道の年末年始の渋滞予測カレンダー2018-2019年!

渋滞ワーストランキング常連の東名阪は年末年始も大規模な渋滞が発生する見込みです。

東名阪の上りがもっとも混んでいるのは1月3日(木)、1月4日(金)。

下りがもっとも混んでいるのは12月29日(土)、30日(日)。

深夜や早朝からすでに渋滞が発生予測の区間があるので、迂回路や時間をずらすなどの対策が必要です!

名神高速道路の年末年始の渋滞予測

名神高速道路の年末年始の渋滞予測カレンダー2018-2019年!

名神高速道路の上りがもっとも混んでいるのは1月2日(水)、1月3日(木)。

下りがもっとも混んでいるのは12月29日(土)、30日(日)、1月2日(水)。

全体的にどの区間でも渋滞が発生しやすく、一度渋滞に巻き込まれるとほぼ全区間のろのろ運転しかできないような状態になってしまうので渋滞予測カレンダーは必須です!

渋滞回避方法と裏技・対策

もしも渋滞にあってしまったときの回避方法や裏技、対策についてこちらに詳しくまとめましたのでぜひ参考にしてください!

ちょっとしたコツで楽に渋滞をやり過ごすことができますよ!

年末年始の高速道路の渋滞予測カレンダー2018‐2019まとめ

高速道路の渋滞は少し時間が変わるだけでかなり状況が変わります。

ぜひ渋滞予測カレンダーを参考にし、渋滞に巻き込まれることなく年末年始をお過ごしくださいね!

※当サイトの渋滞予測カレンダーはNEXCO中日本の渋滞予測情報を参考にし、ゆるりくるりが独自で作成しました。

予想なので実際の道路状況と異なる場合がありますのであくまで参考としてご覧ください。

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-年末年始, 渋滞カレンダー
-,

Copyright© ゆるりくるり , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.