日々の生活に役立つ情報をお伝えします

ゆるりくるり

お祭り イベント

野沢温泉の道祖神祭り2019|会場場所と駐車場アクセス情報!

投稿日:

国の重要無形民俗文化財、日本三大火祭りに指定されている長野県の野沢温泉の道祖神祭り

男と男の本気のぶつかり合いの迫力は見るものを圧倒し毎年数多くの観光客が訪れます。

ここでは野沢温泉の道祖神祭り2019年の日程、祭事内容、会場場所、アクセス、駐車場情報についてお伝えします。

スポンサーリンク

野沢温泉の道祖神祭り2019の詳細情報

長野県野沢温泉の道祖神祭りとは

村の平安や子どもたちの健やかな成長、村人の良縁、厄祓いなどを祈念して行われる道祖神祭りで、国の重要無形民俗文化財に指定されています。

主役は村の42歳と25歳の男性で、男の厄年を迎える数えで42歳・41歳・40歳の3つの年代が「三夜講」を編成し祭りを執行します。

「道祖神祭り」は、野沢温泉村で男として生まれたからには誰もが通らなければならない伝統行事。

道祖神祭りに参加したことでやっと「一人前の男」として村で認められるようになります。

なので地元を離れている厄男も、この祭りの日には村に戻ってこなければならず祭に対しての意気込みが違います。

 

舞台は前日から2日間かけて作られる高さ10数メートル、広さ8メートルにも及ぶ巨大な社殿。

火を付けようとする村人と、それを防ごうとする厄年の男が激しい攻防戦を繰り広げます。

42歳の男衆が社殿に上がり、その下で25歳の厄年男が立ちふさがり、火消し役として村人からの攻撃を阻止します。

本気の喧嘩さながら火がついたたいまつや松の枝で互いにバシバシと叩き合う命がけの男の戦いが目の前で繰り広げられ迫力と熱気がすさまじいです。

この激しさから、日本三大火祭りのひとつに数えられており、毎年多くの観光客が道祖神祭りを観に訪れます。

野沢温泉の道祖神祭り2019の日程

1月13日~15日にかけて道祖神祭りは執り行われます。

主に1月15日がメインの祭事となりこの日に多くの観光客が訪れます。

13日は社殿を造る木材を25歳と42歳の厄年男が二組に分かれて会場まで三時間あまりをかけて引き出し、

14日は祭りの舞台となる社殿の組み立てを行います。

全て手作業で危険を伴うため、この日だけは酒を断ちもくもくと社殿作りに励みます。

1月15日の祭事内容

15日の昼過ぎに社殿が完成し夜からメインの祭事が執り行われます。

観覧は無料ですが、イベントではなく祭事なので観光客はマナーを守って観覧をしましょう。

瓶・缶類の持ち込み、ドローンによる撮影は禁止です。

時間 祭事内容
19:00 火元もらい
19:30 燈篭到着
20:00 花火・道祖神太鼓
20:30 火元到着
野沢組も能代の火付け
初燈篭の火付け
子供の火付け
20:50 大人の火付け
22:00 終了

 

道祖神祭り長野県の関連イベント

道祖神祭りに伴い、関連のイベントもおこなれます。

道祖神様絵描き体験

出典:http://www.nozawakanko.jp/spot/dousozin.php

「縁結びの神」「子宝の神」とも言われている道祖神。

男女1対の神様で、各家庭の素朴な味わいのある手作りで、神棚に1年間どこの家でも祀られています。

この木製の神様の絵描き体験が出来ます。

日時:1月15日 午前10時~午後3時

会場:「おぼろ月夜の館」

長野県下高井郡野沢温泉村豊郷9549-6

体験料:500円(材料費、入館料含む)

お問い合わせ:0269−85−3839

餅焼き

1月15日夜に火を入れられた社殿は、翌朝まで燃えていて16日の朝に餅焼きの風習があります。

道祖神祭りの火は正月飾りや注連縄、おふだなどを焼いた神聖なものとされ、その残り火で 焼いた餅を食べると1年間は風邪を引かないと言う言い伝えが。

村人ではなくても参加することが出来るので観光客も昔の風習を味わうことが出来ます。

ですが、道祖神祭りはイベントではなく祭事なので必要なものは自分で用意していく必要があります。

餅焼きに参加する場合、「餅」「網」「醤油」「お箸」「お皿」などを自分で用意していきましょう。

日時:1月16日早朝~

場所:長野県野沢温泉村 馬場の原

備考:餅・網など各自必要なものを持っていく

お問い合わせ:0269-85-3155

小豆焼き占い

囲炉裏のまん中で行われるに小豆焼き占いは小豆のまわり方で、世の中や組内の様子、風・水の有無、農作物の豊凶など、35項目を次々に占っていきます。

江戸時代から続く作占いを観光客は見学することができます。

日時:1月16日 18時~

お問い合わせ:野沢組惣代0269−85−3505

スポンサーリンク

野沢温泉の道祖神祭りの会場場所とアクセス方法

道祖神祭りの会場

【場所】長野県野沢温泉村 馬場の原

長野県の道祖神祭りへのアクセス

電車でのアクセス

北陸新幹線「飯山駅」下車

直通バス「野沢温泉ライナー」

↓約25分

「野沢温泉」下車

↓徒歩約3分

馬場ノ原

※野沢温泉ライナーは約1時間に1本程度の間隔での運行なので注意が必要です。

野沢温泉ライナーの時刻表

2018年12月15日~2019年3月中旬までの野沢温泉ライナーの時刻表です。

【野沢温泉行】

飯山駅発 野沢温泉着
8:45 9:10
10:00 10:25
10:45 11:10
12:30 12:55
13:40 14:05
15:15 15:40
17;30 17:55
18:55 19:20
20:15 20:40
21:20 21:45

【飯山駅行き】

野沢温泉発 飯山駅着
6:30 6:55
7:30 7:55
8:20 8:45
9:30 9:55
11:15 11:40
13:00 13:25
14:20 14:45
16:50 17:15
18:15 18:40
19:35 20:05

飯山駅の最終のバスが19時台なので道祖神祭りを最後まで見る場合は、野沢温泉で宿泊するかタクシーで駅まで移動することになります。

車でのアクセス

上信越自動車道「豊田飯山IC」

国道117号線経由

↓約25分

馬場の原

野沢温泉の道祖神祭りの駐車場情報

道祖神祭りに近い駐車場は2カ所あります。

お祭り当日は満車になるのがはやいので午前中早めの時間に駐車場を確保しましょう。

横落駐車場

道祖神祭りの会場までは徒歩3分と一番近い駐車場です。

営業時間 24時間
料金 日帰り500円
1泊2日1500円
1泊追加ごと+500円

 

新田駐車場【屋外&立体】

道祖神祭りの会場まで徒歩8分

【屋外】

営業時間 6:00~21:30
料金 日帰り500円

 

【立体】

営業時間 24時間
料金 1時間100円
12時間を超えると2時間につき100円

中尾駐車場【屋外&立体】

野沢温泉道祖神祭りの会場まで徒歩16分

営業時間 24時間
普通車 日帰り無料
1泊2日1500円
1泊追加ごと+500円
大型車 3時間700円
日帰り2000円
1泊2日3500円
1泊追加ごと+1500円

野沢温泉の道祖神祭り2019まとめ

午後にはほとんどの駐車場が満車になってしまうので早めの到着が安心です!

帰りはお祭り終了直後は渋滞しやすいので少し時間をずらして帰宅するのがオススメです。

野沢温泉村の男の本気の戦いの道祖神祭りを楽しんできてくださいね。

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-お祭り, イベント
-,

Copyright© ゆるりくるり , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.