日々の生活に役立つ情報をお伝えします

ゆるりくるり

バレンタインデー 手作り

豆腐生チョコの作り方と保存方法・賞味期限|冷凍保存はOK?

投稿日:

「嵐にしやがれ」、ハナタカでおなじみの「日本人の3割しか知らないこと」で紹介されブームになっている豆腐生チョコ

通常の生チョコよりも4割ほどカロリーは低く、味や舌触りは生チョコそのものということで体重やスタイルを気にする女性を中心に大人気です。

バレンタインデーの贈り物にもぴったりの豆腐生チョコレート。

ここでは、手作りの豆腐生チョコの作り方と保存方法、賞味期限、冷凍保存についてお伝えします!

スポンサーリンク

豆腐生チョコの作り方

ベーシックな基本の豆腐生チョコの作り方をご紹介します。

豆腐生チョコの材料

■絹ごし豆腐 50g

■板チョコレート 100g

■ココアパウダー 適量

用意する器具

■キッチンペーパー

■重し

■ザルとボール(水切りザル+ボール)

■耐熱ボール

■ヘラ(スパチュラ)

■生チョコを固める容器

■クッキングシート

豆腐生チョコレシピ

①絹ごし豆腐をキッチンペーパーに包み上に重しをおいて水切りする

②ざるに豆腐を移し、滑らかになるように漉す

③板チョコを包丁で細かく砕く

④耐熱ボールに移し、電子レンジで約1分半加熱し溶かす

⑤②の豆腐を④に入れ1分以上よく混ぜ合わせる

⑥容器にクッキングシートを敷き、⑤をヘラで移す

⑦ラップをして冷蔵庫で1時間以上冷やして固める

⑧型から外し、お好みの大きさに切る

⑨ココアパウダーをかけて出来上がり

失敗?豆腐生チョコが固まらない場合は

豆腐生チョコで一番失敗しやすいのが固まらないこと。

固まらずに泥団子のような感じになってしまうことが多くあります。

レシピ通りに作ったのになぜ固まらないかというと、豆腐の水切りがしっかりできていないから。

豆腐の水分が多すぎるせいで固まらず泥団子のような状態になってしまいます。

豆腐生チョコレートを作る場合は豆腐の水切りが成功と失敗の分かれ目になります!!

キッチンぺーバーを3重から5重まき、重いお皿を上に置き30分~1時間放置すれば豆腐の水分はしっかり抜けます。

この工程はしっかりとやれば程よい固さの豆腐生チョコが作れます。

 

もしこの工程をしっかりとやっても緩い場合は冷蔵庫の温度が高い場合が。

たくさん食材が入っていたり、節電を意識し設定温度が高めの場合は生チョコが固まるまで通常よりも時間がかかります。

そのときは慌てずに半日~1日冷蔵庫で寝かせれば丁度よい固さに出来上がります。

スポンサーリンク

豆腐生チョコの保存方法

豆腐生チョコは、生チョコと同じで冷蔵保存が基本。

もしバレンタインデーやホワイトデーなどのプレゼントで渡す場合は、渡したあとに冷蔵庫で保存してもらえるようなシチュエーションで渡しましょう。

冬の寒い時期は、暖房にあたらない外気と同じ温度の日陰なら半日程度なら保存が可能。

ですが外気が5度以上になる場合は少しでも早く冷蔵庫にしまってもらうか、その場で食べてもらいましょう。

豆腐生チョコの冷凍保存はOK?

手作りの豆腐生チョコの冷凍保存はNG

豆腐の水分が分離してしまい食べたときにぼそぼそで生チョコの滑らかさがなくなってしまいます。

豆腐生チョコは冷凍保存せず、期限内に食べきりましょう。

豆腐生チョコの賞味期限|日持ちはどれくらい?

手作りの豆腐生チョコの賞味期限は、作った日+2日程度です。

生チョコと同じく日持ちはあまりしません。

気を付けなくてはいけないのは使用した豆腐の賞味期限=豆腐生チョコの賞味期限ではないこと。

豆腐の賞味期限はパックを開ける前の期限なので一度開封したら書かれている賞味期限は関係がなくなります。

豆腐はなるべく賞味期限が遠いものを選び、作ったら2日以内に食べきるのが安心です。

豆腐生チョコの作り方と保存方法・賞味期限まとめ

豆腐生チョコアレンジとして、ミルクチョコレートとビターチョコを半分半分の量したり、ドライフルーツやピスタチオを一緒に混ぜて固めたりするのもオススメ。

洋酒に浸かったレーズンやオレンジピールとの相性がとてもよく大人も楽しめるアレンジレシピです!

ココアパウダーではなく抹茶パウダーを使うのもオススメですよ!

 

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-バレンタインデー, 手作り
-, ,

Copyright© ゆるりくるり , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.