日々の生活に役立つ情報をお伝えします

ゆるりくるり

イベント 花火大会

河口湖冬花火2019|富士山が背景の穴場スポットと駐車場情報

投稿日:

富士五湖の一つ河口湖で開催される、冬の風物詩の河口湖冬花火

冬の澄んだ空気の中、富士山と花火のコラボレーションが撮影できるとカメラマンにも人気の花火大会です。

ここでは、河口湖冬花火の日程と時間、開催場所と富士山を背景に花火が見られる穴場スポットとその他の穴場スポットについてお伝えします!

スポンサーリンク

河口湖冬花火2019年の詳細情報

例年通りであれば約1500発以上の冬花火を楽しむことができる河口湖冬花火。

■富士山と花火のコラボレーション

■冬の澄んだ空気でひときわ美しい花火

■もうひとつの冬の風物詩「西湖樹氷まつり」

と見どころがたくさんの花火大会です。

1月26日(土)~2月17日(日)に西湖野鳥の森公園で開催される「西湖樹氷まつり」では約10mの迫力満点の樹氷も楽しむことが出来ます。

その他の河口湖周辺の観光情報はこちらでチェックできます。

河口湖冬花火2019年の日程と時間

2019年は1月から2月にかけて合計で13回花火大会が行われます。

2019年の開催日程

■1月12日(土)

■1月13日(日)

■1月19日(土)

■1月20日(日)

■1月26日(土)

■1月27日(日)

■2月2日(土)

■2月3日(日)

■2月9日(土)

■2月10日(日)

■2月16日(土)

■2月17日(日)

■2月23日(土)

2019年の開催時間

20時~20時20分(20分間)

※気象条件により変更・中止になる可能性あり

河口湖冬花火の開催場所

開催場所:河口湖畔大池公園

住所: 山梨県南都留郡富士河口湖町大池公園

観覧:無料

問い合わせ:富士河口湖町観光連盟 TEL 0555-28-5177(平日)

河口湖冬花火のアクセス情報

【電車でのアクセス】

■河口湖駅から河口湖周遊バス、または西湖周遊バスに乗り「河口湖ハーブ館」で下車

■河口湖駅から徒歩約15分

【車でのアクセス】

■中央道河口湖ICより約10分

【駐車場】

大池公園に無料300台あり

スポンサーリンク

河口湖冬花火の富士山を背景に花火が見れる穴場スポット

メイン会場の大池公園とサブ会場の畳岩、八木崎公園が公式サイトで案内されているスポットです。

もちろんメイン会場・サブ会場でも大きく美しい花火を見ることができますが、実はこのスポットは富士山を背景に花火を見ることが出来ません

このスポットからだと「富士山→人→花火」の並びになるため、富士山とのコラボは見れないのです。

富士山を背景に花火を見るためには河口湖湖畔の反対側に回り「富士山←花火←人」の順番にならなくてはいけません。

パンフレットに乗っているような富士山と花火のコラボ写真は全て対岸から撮っているものです。

ここでは、富士山を背景に花火が見られるスポットをご紹介します。

穴場スポット1|河口湖円形ホールの付近の湖畔

河口湖円形ホール付近の湖畔からは花火の後ろの背景に富士山が来て絶景の写真スポットです。

付近の駐車場は15台ほどしかなくすぐに埋まってしまうので、別の駐車場に止めて歩くか誰よりも早く駐車場確保するかです。

穴場スポット2|産屋ヶ崎

河口湖大橋のたもとから富士山をバックにした花火が見られる穴場スポット

逆さ富士が見られるスポットとして有名です。

「産屋ヶ崎」と「旅館湖山亭うぶや」の間に産屋ヶ崎駐車場あり20台ほど止められます。

河口湖冬花火の穴場スポット

富士山とのコラボレーションは見られないけれども、河口湖冬花火を見ることができる穴場スポットをご紹介します。

穴場スポット3|富士山パノラマロープウェイ山頂展望台

2018年3月まではカチカチ山ロープウェイともよばれていた、「富士山パノラマロープウェイ」。

ここからは3カ所から打ち上がる花火を見下ろしながら観覧することができる穴場スポットです。

冬花火開催期間は、ロープウェイの営業時間が延長され展望台から花火を見ることができます。

■延長時間:19:00~20:40(下り最終便)

■料金:大人800円、子供400円(往復料金)

穴場スポット4|八木崎公園

サブ花火会場の八木崎公園ですが実はこちらも今年は穴場スポットかもしれません。

2018年4月にリニューアルオープンされるまでは立ち入り禁止だったため、2019年の花火がリニューアル後初めての花火大会になります。

なので、まだあまり人に知られていないスポットとしてゆっくりと落ち着いて花火が見られるスポットになりそうです。

河口湖冬花火2019穴場スポットまとめ

富士山を背景に花火の写真を撮りたい場合は月明りが重要です。

満月に近く雲や風がない日が撮影のベスト条件

2019年の1月の満月は1月21日(月)、

2月の満月は2月20日(水)でこの日はスーパームーンで月明りが更に美しい日です。

残念なことにこの日程に花火は打ちあがらないのですが、この日程に近くおすすめなのが、

「1月19日(土)」「1月20日(日)」「2月17日(日)」「2月23日(土)」です。

富士山と花火のコラボレーションを撮影しに行く方はこの日にちの中で気象条件がいい日を狙ってくださいね!

 

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-イベント, 花火大会
-,

Copyright© ゆるりくるり , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.