日々の生活に役立つ情報をお伝えします

ゆるりくるり

トイレスペースを区切れて成長に合わせて大きさのアレンジ可能なペットサークル

投稿日:


1頭目のワンコをお迎えするとき、ペットサークルですごくすごく悩みました。
探していた条件としては

◯中型犬なので小さすぎないサークル
◯天井(屋根)なし(圧迫感を減らすため)
◯色は白
◯金網っぽくない作り(だけど木製は噛んでしまうのでNG)
◯トイレスペースを区切れる

この5つの条件で探していたのですが中々難しくて・・・
特に「金網っぽくない作り」で「トイレスペースを区切れる」ここがネックになりました。
ネットで何時間も使ってたくさんの種類を調べていたのですが、途中、なかなか気にいるのが見つからず人間の赤ちゃん用のベビーサークルのページまで眺めてしまう始末。笑
サークル探しは本当に骨が折れました。

そんな難航するサークル探しでしたがこの5つの条件を全て兼ね備えたペットサークルと出会うことが出来ました!

スポンサーリンク

好きな形に組み立てられるアレンジサークル

それがこちらのアレンジサークル!

まずは掲げた5つの条件に満たしているか見ていきます。

◯中型犬なので小さすぎないサークル
最大127×127センチの正方形になるので充分のびのび過ごせる

◯天井(屋根)なし(圧迫感を減らすため)
高さ67cmで天井はなし

◯色は白
ジョイント部分も白一色

◯金網っぽくない作り(だけど木製は噛んでしまうのでNG)
太めのスチール柵で丈夫なスチールなので噛んでも壊れることはほぼない

◯トイレスペースを区切れる
正方形・長方形・L字型と用途に合わせて組み替えることが出来るのでL字型にし、トイレスペースと区切ることが可能

バッチリ条件を満たしています!

なにが一番気に入ったかというと正方形・長方形・L字型に組み替えることが出来ること。
これなら成長や部屋の様子に応じてアレンジすることが出来ます。
更に工具不要で組み立て・組み換えができるところものちのちすごく便利で助かっています。

お値段は送料込みで30,700円(現時点)と中型犬サイズのサークルの平均は15、000円前後が多い中でお高め。

ですが丈夫なスチールで作られているのでそれを考えれば高くはないと思います。
スチールのサークルだともっと高いものがたくさんあります。

お値段が安めのサークルの口コミを読むと、すぐに接続部分が壊れたり犬の衝撃に耐えられなくて壊れてしまったなどの口コミも目立つことから、買い直すことになるくらいなら最初からそれなりのものを買おう!と思いこの「アレンジサークル」を購入。

先にお伝えしておくと、「アレンジサークル」大正解でした!!
思っていた以上の優れものでいま現在も何不自由なく使っています。

スポンサーリンク

配達されたとき思ったのが「重い!!」
それもそのはずで重量16.5キロの大型商品。
わたし(女)ひとりの力でも運べはしましたが、大型商品で持ちにくく力が入りづらいため女性の方は二人で運ばれるのが良いと思います。
2階などに上げる場合は特に!

「組み立ては女性一人でも大丈夫」

ダンボールから中身を出してしまえば1つ1つのパーツはそれほど重くないので女性一人でも楽々と作業ができます。
本当に工具不要で用意したものはダンボールを開けるためのカッターのみ!
組み立て方もちゃんと説明書に書いてあったので苦労せずにわたし1人で組み立てることが出来ました。

「簡単にアレンジ可能」

工具不要でアレンジが出来るので思い立ったらなにも用意せずに女性ひとりでも形を変えることができます。
更に持ち運びするときにはすぐに折りたたむことが出来るので、サークルをもって出かけることも出来ます。
わが家はお正月の帰省時に実家にサークルを持っていきワンコのスペースを確保してあげられたので、サークルの中でいつも通り寝たりごはんを食べたり出来ワンコも人もストレスなく過ごすことができました。

「L字型でトイレトレーニング」

仔犬をお迎えしてすぐはL字型にし、トイレスペースを完全に分けるためダンボールで仕切って使っていました。
トイレに行きたそうにしたらトイレスペースに移動させトイレをするまでそのスペースの中に入れ出来たら褒めて居住スペースに移動させる。
この繰り返しをしました。

「長方形サイズにし余ったパネルはゲートに使用」

トイレをある程度覚えたら正方形の最大サイズにして使ってみたのですが、仔犬ということもあり大きすぎてサークルの中で思いっきり走り回って危なかったので最小サイズの長方形にして使うことに。
最小サイズの長方形にしたことにより「サークルの中=寛いだり眠ったりする場所」と覚えてもらえることが出来ました。
そうするとパネルが2枚余ることになるのですが、そのパネルはキッチンとの堺のゲートになりすごく役に立っています。

「扉ロック付きで脱走しない」

よく留守中に愛犬が勝手に扉を開けてしまい部屋の中を散らかしていた。なんて話がありますがこの「アレンジサークル」の扉ロックではそうそう扉を開けられるということはないと思います。
扉を開けるにはつまみを横にスライドさせ尚且つ扉を少し上に持ち上げて引かなくてはいけないので、まず扉ロックがかかった状態で扉を開けることはワンちゃんには出来ないはず。
わたしもこの扉ロックを解除するのに慣れるのには少し時間がかかりましたが、いまではなんてことないです。
おかげでわが家は一度もサークルから脱走されることもなく、散らかった部屋に帰ってくるということは経験していません。
部屋を散らかす程度ならまだしも、誤飲してしまった場合が本当に危険なのでサークルの脱走防止は重要です。

「高さ67センチ屋根なしでも脱走リスクが低い」

更に中型犬で高さ67センチの屋根なしだと、上から飛び越えてしまいそうですが
金網型のサークルとは違いこの「アレンジサークル」は中心に横棒が入っていないので、足を引っ掛けるところがありません。
金網型サークルだと強度のために中心に横棒が入っているものが多くその横棒を使いよじ登って脱走をしてしまうパターンが多いですが足を引っ掛けるところがないので67センチという中型犬にはあまり高くない高さですが上からの脱走もしたことがありません。

「丈夫なスチールでガジガジしても壊れない」

仔犬の頃は特に歯の生え変わりで痒くて痒くてなんでもガジガジ噛んでしまいますよね。
わが家のワンコもまさにその時期はガジガジが酷かったです。
特にサークルの格子は本当によくガジガジしてしまって・・・
お留守番中に格子をガジガジされて壊れてしまうことも金網タイプのサークルではよくあるそうですが、この丈夫なスチールのアレンジサークルのおかげでどんなにガジガジされても全く形も変わらず壊れることがありませんでした。

「部屋の雰囲気を崩さない」

犬用サークルって見栄えがいいものってあまり多くはないですよね。
リビングに置きたいけれどリビングの雰囲気を崩すのが嫌。
この「アレンジサークル」は白一色でスチールを使っているのでチープな感じがせず、高さも圧迫感を感じるような高さではないのでリビングに置いても家具として調和してくれました。
色も白なので様々なインテリアに溶け込んでくれるのでお部屋の雰囲気を壊したくない!という方にはすごくオススメです。

まとめ

簡単にアレンジ出来るので成長に合わせて様々な形で活躍してくれているこの「アレンジサークル」
丈夫なスチールなのでいまだに壊れることなく使用しています。
インテリアに合うペットサークルをお探しの方。
ぜひ候補に入れてみてください♪

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-

Copyright© ゆるりくるり , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.