日々の生活に役立つ情報をお伝えします

ゆるりくるり

子犬をお迎えするときに犬用ベッドは必要ない

投稿日:


わが家は初めてワンコをお迎えするときに本やインターネットで必要なものを調べ、ありとあらゆるものを揃えてからお迎えしました。
ですが実際に使わなかったものや必要ではなかったもの、更には初めは使わないほうがよかったのではないか・・・と思うものまでありました。

スポンサーリンク

初めは使わないほうがよかったのではないか・・・と思ったものが『犬用ベッド』ちなみにわが家のワンコはトイレトレーニングもまだまだこれからの時期の生後2ヶ月のときにお迎えしました。
始めサークルの中にフカフカの犬用ベッドを置いて、自然とそこで寝てくれるかな〜と思っていたのですがそのベッドの上では全く寝ずほぼなにも敷いていないところで寝ていました。
それだけだったらまだよかったのですが・・・
ベッドをカミカミして中の綿を出してしまったり、ベッドの上でおしっこをしてしまっていました。
臭いが残らないように洗って除菌してもサークルの中にベッドを戻すと必ずと言っていいほどベッドの上でするように。
ベッドがサークルの中に入っていないときはトイレシートの上でちゃんと出来たり、ベッドの代わりに入れたバスタオルの上でしてしまったりという状況。

毎日毎日洗ってはおしっこをされ・・・の繰り返しで頭を悩まされていました。

犬の習性を知る

そのときに犬のトイレの習性について調べたのですが、なんと犬は「フカフカのものの上でトイレをする習性がある」との記述が。

それで全てが納得いきました。

サークルの中だけではなく外に出ているときも、玄関マットやキッチンマットの上でよくトイレをしてしまっていました。
ちゃんとトイレシートの上で出来たら褒めてご褒美をあげたりしているのになんで中々トイレを覚えてくれないのだろう。と思っていましたがそれもこれも全て犬の習性のためでした。
知っていたらもっと早くに対処出来ていたのに・・・と知識不足を反省。

スポンサーリンク

それからすぐに犬用ベッドを撤去しすぐに洗い替えできるバスタオルだけをサークルの中に入れ様子を見ることに。
玄関マットやキッチンマットも撤去。

更に当時使っていたトイレシーツが薄型タイプだったため3枚程重ねておいてフカフカ感をだしてみたりと犬の習性に呼びかけるようなトイレ作りを心がけると・・・

以前よりトイレの成功率を上げることに成功!!

犬の習性を理解し上手く使うことがトレーニング成功の秘訣なのだなとわかりました。

犬の嗅覚の習性を使ったトイレシートを使いトイレ成功率100%になったお話しはこちら

一度撤去した犬用ベッドはカミカミして綿を出してしまったところを補修して、トイレトレーニングがしっかり終わった後にまた使い始めたのですがもうここでトイレをすることなくベッドの上で寛げるようになりました。

この経験から仔犬をお迎えしたときすぐにはフカフカのベッドを置くと犬の習性的にそこがトイレだと勘違いしてしまうので、トイレの失敗体験をさせないためにも使わないことが一番だなと思います。

バスタオルを敷いてあげれば十分居心地の良い衛生的な寝床になります♪

誤飲の危険性

更にわが家のようにベッドをカミカミして綿を出して万が一食べてしまい吐き出させなかった場合、胃や腸で水分を含み膨らみ腸閉塞の危険性があり最悪開腹手術をして取り除かなければいけない事態になってしまうことも。

仔犬のために購入したフカフカのベッドが、まさか命を脅かすようなものになるとは思ってもいませんでした。

固いプラスチックのベッドも歯の抜け替わりで歯が痒い仔犬にとっては絶好のガジガジおもちゃになってしまうようで、お留守番中にガジガジし破片を飲み込んでしまった事例もたくさんあります。

その場合も吐き出せたりうんちと一緒に出てきてくれれば良いのですが、万が一出てこない場合はレントゲンを撮り詰まっている場所を確認し取り除く手術が必要になることも・・・

まとめ

仔犬のうちはサークルの中はシンプルが一番安心安全!

フカフカのベッドで寛ぐ姿は成犬になってからのお楽しみに取っておいてください♪

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-
-,

Copyright© ゆるりくるり , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.