日々の生活に役立つ情報をお伝えします

ゆるりくるり

犬が下痢になる原因病院でかかった費用と対処法

投稿日:

愛犬が突然下痢になってしまったら・・・

わが家の愛犬が下痢になった原因と実際に病院でかかった金額と対処法についてお伝えします!

スポンサーリンク

犬の下痢の原因

お迎えしてから一度もお腹を壊すことがなかったわが家のワンコ。
ですがプール付きのドッグランでたくさん遊んだ日の夜から急に下痢に。

お腹が痛いのかヒンヒン言いながら何回もピーピーうんちをしてしまいました。
夜も何回も起きてピーピーうんちを繰り返していてすごく可哀想。

私もワンコのサークルの横に布団を敷き、下痢で怖いのは脱水症状なのでなるべく水をこまめに飲ませなんどもピーピーの処理をしながら朝を迎えました。
下痢ではあったのですが、元気はいつもと変わらずだったので病院が開く時間を待ち今朝したピーピーうんちを持って先生に診て頂きました。

糞便検査をして頂き今回の下痢の原因がわかりました。
「クロストリジウム菌」こちらが通常より多く発生していることが下痢の原因になっているとのこと
<h3>クロストリジウム菌とは</h3>
ほとんどの犬猫が腸内に持っている悪玉菌の一種
少ない量だと問題はないのですが、合わない食事・ストレス・いつもと違う環境・寒さでおなかを冷やすなど、犬の免疫力が低下するとおなかの中で増えて悪さをする原因に。

わが家のワンコの場合はいつもと違う環境(ドッグラン)でおなかを冷やす(プール)このことが要因となりクロストリジウム菌が増えてしまったのだと思います。

原因がわかったことでとりあえず一安心。
抗生物質と整腸剤をもらいしばらく自宅で様子を見ることに。

犬の下痢で病院でかかった費用

「下痢の診察でかかった費用と内訳」

スポンサーリンク
内訳
診察料      600円
糞便検査     1,000円
フラジール250mg 1,400円
ビオイムバスター 1,120円
消費税      330円合計       4,120円

わが家はペット保険に入っていないので満額での支払いです。
1週間分のお薬で約2,500円
安くはないですが、これでよくなってくれるのなら安いものです。

犬の下痢の対処法

「フラジール250mgは副作用の少ない抗生物質」

抗生物質の中では比較的副作用が少なく安全性の高い薬。
抗生物質の効きにくい嫌気性菌が原因の細菌感染症にも優れた効果を発揮。
また他にも慢性的な下痢・おう吐を症状とした炎症性腸疾患の治療にも用いられる。

「ビオイムバスターで腸を整える」

整腸作用のある有胞子性乳酸菌のほか、3種類の乳酸菌と総合消化酵素パンクレアチンを配合。

こちらが実際のお薬の画像。
結構ひと粒が大きいです。
わが家のワンコはおやつ感覚であげてみたら嫌がりもせずペロっと食べてしまいましたが、お薬が苦手なわんちゃんはごはんや大好きなおやつに包んであげるといいと思います。

実際お薬を飲み始めてすぐに下痢は治まりいつものうんちの状態に戻ってきました。
ですが、まだ免疫力が通常の状態に戻っていないまま薬を飲み辞めてしまうとまた菌が増殖する恐れがあるので、きっちり1週間分飲み続けることで効果が出やすいと伺ったのでしっかりと1週間飲み続けました。

おかげで1週間経つ頃には下痢だったのが思い出せないほど快調なうんちに!

まとめ

初めてのことで最初戸惑いましたが、すぐに糞便検査をして頂き原因がわかったので本当によかったです。
人間もそうですが、犬にとっても身近な下痢。
そんなときは焦らずに脱水症状にならないことに気をつけ、速やかにうんちをもってかかりつけの獣医さんのところにいきましょう。

↓応援クリックして頂けたら嬉しいです☆

にほんブログ村 その他生活ブログへ

にほんブログ村

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-
-, , , ,

Copyright© ゆるりくるり , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.