日々の生活に役立つ情報をお伝えします

ゆるりくるり

健康

夏バテに効果的な食べ物で栄養密度が高く毎日食べられる食材

投稿日:

食欲不振・全身のだるさ・睡眠困難を引き起こす夏バテ。

脱水症状や熱中症に繋がる危険もあり夏バテを甘く見てはいけません。

夏バテは予防が一番大切です!

日頃の生活で夏バテは防ぐことが出来るので、夏バテにならない身体作りをいまからはじめましょう!

スポンサーリンク

夏バテに効果が見込める食べ物

レバー・うなぎ・えだまめ・梅干し・豚肉・レモン・キウイ・パイナップル・夏野菜などが夏バテに効果的な食材です。

ついつい暑い日には冷たいものを食べたくなってしまいますが、胃腸の冷えにより食欲不振や夏バテに繋がってしまうこともあるので、冷たいものではなく温かいものを食べることが夏バテ予防には大切です。

夏野菜のトマトやきゅうりも冷やして食べるのではなく、スープなどにして温めて食べるのがオススメです。

夏バテに効果的な栄養たっぷりの食材

夏バテに効果的な食材は色々あるのですが、わたしたちの生活に身近な食材で特に栄養密度が高くおすすめな食材があるのです。

それは卵!

「1日1個の卵で夏バテ知らず」という言葉があるくらい夏バテに非常に効果的な食材なんです。

スポンサーリンク

卵1個でビタミンC・食物繊維以外のたんぱく質・鉄・ビタミンA・ビタミンEなどのあらゆる栄養素がまんべんなく含まれています。

卵なら他の食材とは違い毎日1個は食べられそうですよね。

もしお医者さんから卵を食べるのは止められている場合は大豆や納豆もとってもおすすめな食材です。

夏バテで食欲がないからと素麺など炭水化物だけとるのはダメ!

暑くなり食欲が落ちてきてやりがちなのが、素麺だけ。おそばだけの食事。

ついつい食べやすい麺類だけの食事にしてしまいがちですが、実は夏バテにはとっても危険な食事です。

炭水化物だけの食事だと夏バテを引き起こしやすくなり更に悪化しやすくなります。
大切なのはたんぱく質を取ることです!

たんぱく質は、鶏むね肉・ささみ・豚もも・豚ヒレ・乳製品などに多く含まれます。

いわえる赤身と呼ばれる部分にたんぱく質が多く含まれています。

魚だと、まぐろ・かつお・ぶり・イワシがおすすめです。

夏バテ防止に炭水化物だけの食事にならないようにプラス1品たんぱく質を多く含む食材を使ったメニューを取り入れましょう!

まとめ

わが家は毎朝目玉焼きか卵焼きにして毎日卵を食べる習慣を作りました♪
「1日1個の卵で夏バテ知らず」
ぜひ皆さんも1日1個の卵で夏を健康に乗り越えましょう!
↓応援クリックして頂けたら嬉しいです☆
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-健康
-, , ,

Copyright© ゆるりくるり , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.