日々の生活に役立つ情報をお伝えします

ゆるりくるり

生活ライフハック

江ノ島で花火はできる?手持ち花火が出来る場所と時間について

投稿日:


夏といえば花火!

花火大会もいいですが・・・手持ち花火をみんなで楽しむのも最高の思い出になりますよね♪

ですがいまは条例やルール、マナーなどと花火が出来るところと出来ないところがあります。

条例やルールに反してなく、

江ノ島や江ノ島近辺で手持ち花火を楽しむことが出来る場所

手持ち花火やってもいい時間をまとめたので、堂々と手持ち花火を楽しみましょう!

スポンサーリンク

江ノ島で花火ができるところはあるの??

江ノ島の管轄の藤沢市に確認したところ、藤沢市の条例としては公共の場所で、深夜(午後10時から翌日の午前6時まで)にロケット花火や打ち上げ花火等の騒音の出る花火をしてはならないとされています。

用は爆竹やロケット花火ではない、線香花火などの一般的な花火なら時間に関係なく楽しむことができるという条例内容です。

但し、個々の海岸や公園ごとにルールが定められておりその海岸のルールに従わないといけないとのこと。

そこで、

■江ノ島東浜海岸

■片瀬海岸西浜・鵠沼海岸海水浴場

こちらの海岸について調べたところ「各自が行う花火は禁止」とされており、22時前まででも線香花火でも一切禁止になっています。

■湘南海岸公園

■鵠沼海浜公園

こちらも花火は禁止となっており、実質江ノ島で花火を出来るところはほぼないです。

鵠沼海岸でよく花火をしている人をみかけますが、ルール違反なので他の人がやっているからと絶対に真似しないようにしましょう!

江ノ島付近で手持ち花火ができる場所

江ノ島付近の海岸で手持ち花火を堂々と出来るところを調べました!

まず藤沢市同様、鎌倉市・逗子市も条例で公共の場所で、深夜(午後10時から翌日の午前6時まで)にロケット花火や打ち上げ花火等の騒音の出る花火をしてはならないとされています。

海岸ごとのルールですが、花火禁止になっていない海岸がいくつかありました。

こちらは条例通りのルールで22時までなら花火は可能になっています。

■由比ヶ浜海岸

■七里ヶ浜

スポンサーリンク

■材木座海岸

■逗子海岸

個々の海岸ごとに、アルコールが海の家以外禁止だったり、音楽をかけてはいけなかったりと細かいルールがあるので、一度行く前に確認しておきましょう!

江ノ島付近で手持ち花火ができる時間

■由比ヶ浜海岸

■七里ヶ浜海岸

■材木座海岸

■逗子海岸

などでは花火は可能となっていますが、実際手持ち花火なら何時まで可能なのでしょうか?

鎌倉市のホームページにわかりやすく書かれていたので引用します。

夜10時以降は、騒音によって、付近に住む人の安眠を妨害するような花火を禁止しています。

具体的には、爆竹、打上げ花火、ロケット花火など、爆発や燃焼の程度が著しいものがこれにあてはまります。つまり、線香花火など、安眠妨害等の迷惑を掛けないような花火まで禁止するものではありません。

ただし、その場合でも、煙が多くでるものについては安眠を妨害する可能性があるため、できるだけ控えるようにしましょう。

「夜遅く大勢で花火をやって騒がないこと!」は条例以前の問題です。

安心して暮らせるまちをつくるため、皆さんのご協力をお願いいたします。

引用元:https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kan-hozen/shinnyahanabi-10jiikou-subete.html

線香花火なら22時以降も大丈夫だから・・・とならずに、なるべく22時までには片付けをして帰るのが良いですね。

条例がどんどん厳しくなって海岸で一切手持ち花火まで禁止!にならないように、ひとりひとりの心がけが大切です!

まとめ

海岸や公園ごとにルールが違うので、花火をしたい海岸や公園があれば直接そこに問い合わせてみるのが確実で間違いありません。

ルールを守って堂々と楽しみましょう♪

↓応援クリックして頂けたら嬉しいです☆

にほんブログ村 その他生活ブログへ

にほんブログ村

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-生活ライフハック
-, , ,

Copyright© ゆるりくるり , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.