日々の生活に役立つ情報をお伝えします

ゆるりくるり

イベント 敬老の日

敬老の日に嬉しいプレゼントは食事や物ではない?本当にしてほしいこと

更新日:


2018年の敬老の日は9月17日月曜日です。

毎年敬老の日はどう過ごしたらいいのか、プレゼントはなにをあげたら喜んでもらえるのか悩んでいる方が多いのではないでしょうか。

実はプレゼントや一緒に食事にいくのは嬉しいのだけど残念なことに心の底からは喜ばれていません。

なぜ心の底からは喜んでもらえないのでしょう。

一体何をすれば喜んでもらえるのでしょうか??

ここでは本当に喜んでもらえる敬老の日の過ごし方をご紹介します。

スポンサーリンク

敬老の日に本当に嬉しいプレゼントとは

敬老の日とは

多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日」と法律に書かれています。

はっきりと書かれていますが、老人を敬愛する日なのです。

老人というと何歳からなのか度々議論が巻き起こされますが、みなさん自分が老人だとはなかなか認めたくないですよね。

誕生日や結婚記念日、母の日・父の日などとは違い、敬老の日は自分が老人だからお祝いされる日。

 

お祝いされる方の心境は結構複雑です。

敬老の日にお祝いされる方は自分が老人だと認めなくてはいけないのです。

敬老の日にプレゼント渡しても「まだ老人じゃない!」とへそを曲げられてしまった話しをよく聞きます。

確かに誰だって自分のことを老人とは認めたくないし思ってもらいたくない。

敬老の日は正直、やっかいでいざこざが起きやすい日です。

だけど自分が老人だと認めるのも思われるのも嫌なだけで、実際は敬老の日になにかしてもらうのが嫌なわけではないのです。

敬老の日だからと老人扱いされたくない

わたしのおじいちゃんおばあちゃんも老人扱いされるのが大嫌い。

産まれてから1度もおじいちゃん・おばあちゃんと呼んだことがありません。笑

なので敬老の日になにかプレゼントしたことはないです。

だけど、小さい頃から毎年敬老の日には家族揃っておじいちゃんおばあちゃんと一緒に1日過ごしています。

老人扱いされるのが大嫌いな私の祖父母も毎年楽しみにしてくれる敬老の日の過ごし方をご紹介しますね。

敬老の日のプレゼントに食事に一緒にいくのもいいけれども・・・

敬老の日に食事に行かれる方も多いですが、これだと

「敬老の日のお祝いをしたいのでお食事にいきましょう」と誘うことになりますよね。

自分が老人だと思っていない方は敬老の日のお祝いはされたくないのです。

なので基本的に「敬老の日のお祝い」というワードはNGです。

こちらからも言いにくいですよね。

「老人を敬愛する日なので長寿を祝ってお祝いしましょう」って。

スポンサーリンク

特に日本人はついつい言葉の裏まで読み取ろうとしてしまうので、「敬老の日のお祝い」はNGワードにしたほうがスマートです。

敬老の日に本当にしてほしいことはこれ!!

では一体どのように敬老の日を過ごすのが一番喜ばれるのか

わが家が毎年している敬老の日の過ごし方は

「一緒に時間を過ごしおじいちゃんおばあちゃんの得意なことを教えてもらう」です。

 

文字にすると「え?なにそれ??」って感じなのですが、

例えば、わが家の例でいうと

 

おばあちゃんは編み物が得意で、わたしは冬用の毛糸の帽子を作りたかったので棒編みで作る毛糸の帽子の作り方を教わることにしました。

事前に敬老の日に毛糸の帽子の作り方を教えて欲しいと連絡をし、必要なものを聞き自分の好きな色の毛糸を3個と、お昼はゆっくりと編み物の時間がほしかったので事前にデパ地下のちょっと美味しいお弁当を買っておばあちゃんの家に。

かぎ編みでは作れるのですが棒編みは初めてで棒の持ち方や指のかけ方から教えてもらいました。

ちなみにこのかぎ編みでの編み物のやり方も数年前の敬老の日に教わったんです♪

 

編み物を教わり一緒にお昼を食べる。

文字にしてしまうとこれだけなのですが、すごく充実した時間を過ごせました。

 

祖母からは帰り際にその日使っていた棒編みのセットをそのまま持って帰っていいよとプレゼントしてもらいました。

 

小さい頃は、よく飛ぶ紙飛行機の作り方を教わったり、やじろべえの作り方を教わったり、近くの池で祖父のおつまみのサキイカを餌にすればザリガニがよく釣れるんだよと教わったり・・・

少し大きくなってからは将棋・囲碁・麻雀も教わりました。

祖父の趣味がビリヤードだったのででビリヤードも教わったり。

畑で出来た野菜でぬか漬けを作るのにぬか床作りを教わったり、甘酒の作り方・おはぎの作り方を教わったりと今思うと本当に色々なことを教えてもらいました。

敬老の日は教えてもらう日

敬老の日は誕生日・母の日・父の日などとは違い改まってプレゼントやお祝いの食事はいらないと思います。

もちろんお家にお邪魔するのだから手土産かなにかはいつも通り用意がいいです。

ですが老人扱いされたと嫌な気持ちにさせることなくお互い気持ちのよい時間を送るには

「得意なことを教わり一緒に過ごす」ことが敬老の日の素敵な過ごし方ではないでしょうか。

敬老の日に嬉しいプレゼントは食事や物ではない?本当にしてほしいことまとめ

いかがでしたでしょうか?

プレゼントやお祝いの食事がなくても敬老の日を素敵な時間にすることが出来ます!

ぜひ今年は「得意なことを教わり一緒に過ごす」敬老の日を送ってくださいね。

↓応援クリックして頂けたら嬉しいです☆
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-イベント, 敬老の日
-, ,

Copyright© ゆるりくるり , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.