日々の生活に役立つ情報をお伝えします

ゆるりくるり

イベント 花火大会

江戸川花火大会2018江戸川駅側と市川側どちらがおすすめ?

投稿日:


8つのテーマに沿って音楽と共に打ち上げられる江戸川の花火。
迫力・花火の規模共に桁外れの素晴らしさで例年多くの人が訪れています。

江戸川区花火大会は江戸川を挟んで2ヶ所に会場があります。

ここでは江戸川区花火大会2018年の詳細情報と江戸川区側と千葉県市川市側どちらが花火を観るのがおすすめなのかお伝えします。

目的にあった会場を選んで江戸川の花火を楽しみましょう!

江戸川花火大会2018年の詳細情報

8つのテーマに沿って音楽と共に打ち上げられる江戸川の花火。

今年の見どころは国内最大級の高さ50m、全長280mの富士山の仕掛け花火「桜花爛漫~富士の空~」。
江戸川の夜空に舞う桜吹雪が富士山を美しく染めていく姿は圧巻。
江戸川花火の写真を撮りたい人には絶好なシャッターチャンス!

その他にも見どころがたくさんの江戸川花火大会。
オープニングの江戸川花火大会名物の5秒間1000発の花火も今年ももちろんやります。
5分ではなく5秒間ですよ!
迫力満点のオープニングで一気に花火の世界に引き込まれます。

江戸川の花火はフィナーレも豪華すぎて規模が違います!
色の鮮やかさ・迫力が相まって鳥肌が立つほど感動的なフィナーレ。
帰りの混雑を考えてフィナーレを観ないで帰ってしまう人もいますが、ぜっっっっったいに観ないと損です!!

江戸川花火大会の詳細

■花火大会の日程

2018年8月4日(土)
※悪天候の場合は8月5日に順延。5日も打ち上げ不可能な場合は中止

■花火大会の時間

19:15〜20:30

■花火開催場所

江戸川河川敷(都立篠崎公園咲き)

■打ち上げ数

14000発

■打ち上げ場所

■有料席

江戸川花火大会としての有料席はなし
市川市民納涼花火大会としての有料席は有り

江戸川花火大会の有料席についてはこちら

■駐車場

なし

■江戸川花火大会公式ホームページ
https://www.city.edogawa.tokyo.jp/hanabi/index.html

江戸川花火大会の江戸川駅側会場について

この江戸川花火大会は江戸川区と千葉県市川市が共同で開催している花火大会です。
千葉県市川市では「江戸川区花火大会」とは呼ばず「市川市民納涼花火大会」と呼ばれます。
県と市が変わるだけで紛らわしい具合になっていますが、このふたつの花火大会は全く同じ花火大会です。

「江戸川区花火大会」で調べると江戸川駅側だけの情報しか集められず「市川市民納涼花火大会」と調べると市川側のことしか情報を集められません。

なので、実際は江戸川側と市川側どちらで花火を見るのが良いのか調査して参りました!

まずは江戸川側のアクセスから見ていきます。

江戸川側の会場へのアクセス

■都営地下鉄篠崎駅から徒歩15分
■JR小岩駅から徒歩25分
■京成電鉄京成江戸川駅から徒歩25分
■都営地下鉄瑞江駅から徒歩45分

※当日は会場周辺で交通規制あり(17:00~22:00頃)

スポンサーリンク

参照:https://www.city.edogawa.tokyo.jp/hanabi/access/sinozaki_annai.html

 

江戸川区側会場は花火の打ち上げ場所から一番近く大迫力の花火を見られると大人気のエリアです。

なので例年相当な混み具合です。

会場へのアクセスは篠崎駅が一番近いですが、当日の17時以降はかなりの混雑具合で歩くのがやっと。

徒歩15分となっていますが、17時以降に会場に向かおうとすると15分では着かないです。

会場もごった返していて江戸川河川敷の土手に場所取りをするのなら最低でも17時前には会場についていないと場所取りはほぼ出来ません。

毎年あまりの混雑具合で江戸川区側では屋台や出店が制限されてしまい、お祭りの醍醐味である屋台での食べ歩きが江戸川区側では満足に出来ないのが残念なポイント。

篠崎駅・小岩駅・江戸川駅ではコンビニなどで出店があるのですが、会場に近づくにつれどんどん屋台が少なくなっていきます。

 

江戸川区側はともかく花火がメイン!!

で早い時間から場所取りが出来る人には最高のおすすめのスポットです!

江戸川花火は市川側の会場がおすすめ!

江戸川区側の会場とは異なり市川市側では江戸川区ほどの混雑はなく少しでも混雑を避けたい方は市川市側がおすすめ。

なんといっても市川側の魅力は屋台や出店の数!!

会場の河川敷にもずら~っと屋台が並び、駅から歩いてくる途中にも商店街で出している出店や屋台がたくさんあり歩いているだけでもお祭りの活気を味わえます。

屋台や出店を楽しみにしている方は市川市側がおすすめです!

花火も江戸川を挟んでしまいますが、市川側でも充分大迫力の花火を楽しむことが出来ます。

江戸川区側よりも比較的空いているので良い場所取りが出来る可能性が高いです。

 

市川市側は花火も屋台もどちらも楽しみたい人におすすめの会場です!!

ちなみにわたしは断然市川市側をおすすめします!

市川市民納涼花火大会のアクセス 市川市側

■JR総武線「市川駅」南口→徒歩約15分
■JR総武線「本八幡駅」南口→徒歩約30分
※本八幡駅南口より路線バス運行あり。
(京成トランジットバス・市川駅行き「大洲防災公園」下車)
■京成電鉄「国府台駅」「市川真間駅」より徒歩約20分

参照:http://www.ichikawa-hanabi.jp/kaijou.html

市川市民納涼花火大会のアクセス 行徳会場

市川市側の会場でメインとなる市川会場からは少し離れ花火も少し遠くなるのですが、比較的空いていてゆったりと花火が観られる会場です。

■東京メトロ東西線「妙典駅」から徒歩17分

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ここでは江戸川区花火大会2018年の詳細情報と江戸川区側と千葉県市川市側どちらが花火を観るのがおすすめなのかお伝えしました。

花火大会といえば屋台や出店も一緒に楽しみたいですよね。

ぜひ今年は市川市側で花火も屋台も楽しみましょう!

↓応援クリックして頂けたら嬉しいです☆
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-イベント, 花火大会
-, ,

Copyright© ゆるりくるり , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.