日々の生活に役立つ情報をお伝えします

ゆるりくるり

健康

妊婦の夏風邪の治し方!エアコンの設定と食べ物で良くなる!

投稿日:

妊娠しているときに夏風邪をひいてしまうと、薬も飲むことも出来ないしとっても辛いですよね。
ですが、妊婦さんでも薬を使わずに夏風邪を良くする方法があります!
ここでは、妊婦さんでも薬を使わずに夏風邪を治す方法として、エアコンの正しい設定の仕方と夏風邪に効果的な食べ物についてお伝えします。
辛い夏風邪に一刻でも早くお別れ出来るように、すぐに実践できることをまとめましたのでぜひご活用ください。

スポンサーリンク

妊婦の夏風邪の治し方!薬を使わずに治す方法

かかりつけの産婦人科にいって先生に相談し、妊婦でも飲める薬を処方してもらうのが一番早く良くなる方法だとは思いますが、夏風邪を治す環境作りをすることが一番大切です。
妊婦さんでも飲める薬を処方してもらい治っても、環境作りが出来ていないとまたぶり返したり毎年夏風邪にかかってしまうことも。

簡単に出来て、効果的な方法なのでまずは夏風邪を治す環境作りをしましょう。

夏風邪は、高温多湿を好むウィルスが夏バテなどで免疫力が弱った体の中で、活動的になるため回復に時間がかかります。
なので夏風邪は長引くと言われているのです。
病院に行くと鼻水や咳を止める薬はもらえますが、夏風邪のウィルスを撃退する方法は自分の身体にウィルスと戦ってもらい退治するしかないのです。
なので一番は体力と免疫力を高めること。
そのためにたっぷりの睡眠と栄養は欠かせません。

妊婦の夏風邪はエアコンが影響している?おすすめの使い方

免疫力を高めるためには、部屋の室内温度管理も大切です。

エアコンが効き過ぎて空気が乾いた室内では、鼻、喉などの粘膜が乾燥しやすくなり、細菌やウィルスが付着しやすく、炎症を起こし、腫れや痛みの原因となります。

更に室内外の急激な温度差にも注意が必要です。
室内外の温度差が大きいと自律神経の働きが乱れ、体温調節や新陳代謝が上手に働かなくなり、免疫力の低下につながります。

スポンサーリンク

なのでエアコンの正しい設定と使い方が夏風邪には大変重要な役割を担っています。

■エアコンの風は弱

■窓は開けっ放し

■扇風機を首振りでつける

■エアコンを付けても加湿をする

■湿度60以上を保つ

エアコンを着けているのに窓を開けっ放しにするのはもったいない気がしますが、外気に触れていることで室内外の温度差にすぐに対応出来、自律神経が安定し免疫力を下げずに済みます。

妊婦の夏風邪は食べ物で治す!効果的な食事は?

夏風邪には「ビタミンA」と「ビタミンC」を摂るのが効果的です。

「ビタミンA」を多く含む食材

■豚肉

■うなぎ

■にんじん

■かぼちゃ

土用の丑の日にうなぎを食べるのは夏風邪予防のためでもあります。

ビタミンAは油と一緒に摂取すると吸収率がアップします。

「ビタミンC」を多く含む食材

■レモン

■パプリカ

■キウイフルーツ

ビタミンCは熱に弱いので生のまま食べるのがおすすめです。

特にはちみつレモンは夏風邪に効果的で、薄く輪切りにしたレモンにはちみつをたっぷり浸したのを毎日1枚ずつ食べると夏風邪予防にもなるのでぜひ試してみてください。

 

夏野菜も夏風邪に効果的な食べ物です。

トマト・ナス・ピーマン・きゅうり・カボチャ・枝豆・しそなどに夏風邪を防止する栄養素がたくさん含まれています。

食べ方にコツがあり、夏で暑いからと言って冷たい食べ物ばかりを取ることはおすすめできません。

夏風邪をひいてしまった場合は身体を冷やすのではなく、温めることを意識して食事を取りましょう。

夏野菜をたっぷり使ったスープが夏風邪にはおすすめです。

妊婦の夏風邪の治し方!エアコンの設定と食べ物で良くなるのまとめ

いかがでしたでしょうか?

ここでは、妊婦さんでも薬を使わずに夏風邪を治す方法として、エアコンのおすすめの設定の仕方と夏風邪に効果的な食べ物についてお伝えしました。

妊娠中で薬が飲めず辛いとは思いますが、エアコンの設定を見直して、しっかりと栄養と睡眠を取って免疫力を高めましょう!

↓応援クリックして頂けたら嬉しいです☆
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-健康
-, , , ,

Copyright© ゆるりくるり , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.