日々の生活に役立つ情報をお伝えします

ゆるりくるり

結婚式

結婚式受付のお礼の渡し方 誰からどのタイミングで渡すのが一番良い?

投稿日:

ご結婚おめでとうございます。
結婚式の準備などで忙しい日々を送られているのではないでしょうか?
ここでは、結婚式当日に受付を引き受けてくれた方へのお礼の渡し方を誰からどのタイミングで渡すのが一番良いのかをお伝えします。
結婚式場の最初の顔になってくださる受付の方に、失礼のないように心を込めてお礼をしましょう。

スポンサーリンク

結婚式で受付をしてくれた方へのお礼の渡し方

結婚式の受付は親族側の立場から挨拶を始め・ゲストの芳名帳への記帳、ご祝儀の受付・管理・席札渡し・会場の案内・遠方から来られた方にお車代を渡したり・・・と、思っている以上に忙しい大変なお役目です。

なので友人とはいえきっちりとお礼をしなくてはいけません。

一般的には受付をしてくれた方へのお礼としては現金を包みます。
品物でも良いのですが、人それぞれの価値観があるので現金をお礼としてお渡しするのがスマートで一番喜ばれます。

■金額:3000円・5000円・10000円(5000円が一番多いです)
■お札:新札
■包むもの:ポチ袋(3000円・5000円)祝儀袋(1万円以上)
■表書き:御礼
■贈り元:招待した側の名字
■書くもの:毛筆か筆ペン

式前日までに必ず用意をするようにしてください。

新札への交換は銀行でできますが、1日に交換できる枚数に制限がある場合もあるので日にちには余裕を持って準備をしましょう。

式当日にお礼を渡す人が増える場合が多々ありますので、「1000円の新札」「ポチ袋」は多めに用意をし「筆ペン」も式場に忘れずに持っていきましょう。

結婚式の受付のお礼は誰からするのが礼儀?

本来なら新婦・新郎本人からお礼を渡すのが一番よいのですが、式当日は新郎新婦は忙しくてお礼をしようとしても慌ただしい中になってしまいます。

スポンサーリンク

なので、新郎・新婦それぞれの両親から受付をしてくれる友人に手渡ししてもらうのが一般的です。

受付をお願いしたのが新郎側の友人であれば、新郎側の両親に。

新婦側の友人に受付をお願いしたのであれば、新婦の両親が渡すのがいいでしょう。

 

新郎新婦は直接お礼の挨拶に行けない代わりに、メッセージをお礼のポチ袋に書いたり、手紙を一緒に渡してもらうようにすると友人にも更に喜んでもらえるでしょう。

【ポチ袋にメッセージを書くときの一例】

「本日はお忙しい中結婚式に来てくれてありがとうございます。また、受付担当を引き受けてくれたことに大変感謝をしています。本日はどうぞ宜しくお願いします。少ないですがほんの気持ちです。お礼をお受け取り下さい」

別に手紙を添える場合はもっと個人的な話題に触れたりラフな口調で書くのも良いと思います。

大切なのはいかにお礼の気持ちを伝えるかです。

丁寧に手書きでメッセージを書きましょう。

結婚式の受付のお礼をするタイミング

人が大勢いる前で渡すというのは受け取る人にとってはちょっと恥ずかしいものですよね。

目立たせずにそっと渡せるタイミングが一番良いです。

受付をお願いする方には、他の人よりも早い時間に来てもらいますよね?

なので受付時間前に両親から「今日はよろしくお願いします」と渡してもらいましょう。

【ポイント】

■ゲストが来る受付時間前に

■両親から

■メッセージか手紙を添えて

結婚式受付のお礼の渡し方 誰からどのタイミングで渡すのが一番良いかまとめ

いかがでしたでしょうか?

ここでは結婚式当日に受付を引き受けてくれた方へのお礼の渡し方を誰からどのタイミングで渡すのが一番良いのかについてお伝えしました。

一生に一度の結婚式。

新郎新婦をはじめご家族・ゲストの方全員が素敵な一日になりますように。

↓応援クリックして頂けたら嬉しいです☆
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-結婚式
-, , , ,

Copyright© ゆるりくるり , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.