日々の生活に役立つ情報をお伝えします

ゆるりくるり

子犬の混合ワクチンの値段!2回目3回目にかかった全費用の明細書公開!

更新日:

仔犬をお迎えして次にやらなくてはいけないことが感染症から大切な愛犬を守るワクチン接種です。

1回目の混合ワクチンの接種はお迎え前に終わっていることがほとんどですが、2回目・3回目は飼い主さんが病院に行って混合ワクチンの接種を受けさせなくてはいけません。

病院によって価格は違うといえども、わが家に初めてワンコをお迎えしたときに実際に混合ワクチン接種のときにどれだけかかるか調べても中々詳しい情報がわからなくてドキドキしながら病院にいったのを覚えています。

なのでここでは実際にわが家のワンコにかかった2回目と3回目の混合ワクチンの値段を明細書付きでお伝えします!

ワクチン代以外にかかった実際の金額も載っていますのでぜひ参考にしてください!

※あくまでもわが家のワンコの場合で病院によって金額も上下してくると思いますがご了承頂いた上で参考にしてください。

スポンサーリンク

子犬の混合ワクチン2回目の値段

犬の混合ワクチンの種類

混合ワクチンには種類があり防げる感染症の種類が違ってきます。

例えば6種混合ワクチンだと6種の病気や感染症予防が対応。

8種だと8種類の病気や感染症予防に対応しています。

ドッグランやドッグカフェなど多くの犬が集まる場所では混合ワクチン6種以上接種が義務付けられているところがほとんどです。

病院でも6種・8種の混合ワクチン接種が基本になります。

犬の6種混合ワクチンで予防が出来る病気や感染症

■犬ジステンバー

高い熱や目やに・鼻水が多く出て、食欲不振や元気がなくなります。

この他に、下痢や嘔吐の症状が出る場合も。

病状が進むと麻痺などの重い後遺症が残る場合があります。

死亡率が高いため注意すべき病気です。

 

■犬パルボウイルス感染症

感染性が強く激しい嘔吐・激しい下痢を引き起こし急激に衰弱する危険があります。

重症化すると、ひどい脱水症状を起こし、短時間で死亡することがあります。

死亡率が高いため注意すべき病気です

 

■犬伝染性肝炎

発熱・嘔吐・腹痛・下痢の症状が出て、後遺症として目が白く濁ることもあります。

生後1年未満の子犬が感染してしまうと、症状をまったく見せないまま、突然死することもある恐ろしい病気です。

 

■犬アデノウィルス2型感染症(犬伝染性喉頭気管炎)

発熱・鼻水・くしゃみ人・食欲不振・咳がでて、重傷になると肺炎を起こすこともあります。

他のウイルスとの混合感染を引き起こすと症状が重篤化し、死亡率が高くなる注意すべき病気です。

 

■犬パラインフルエンザウイルス感染症

伝染性が非常に高い感染症で混合感染や二次感染が起こると重症になり、死亡することがあります。

 

■犬コロナウイルス感染症

成犬であれば、軽い胃腸炎ですむことが多く数日で治ることもありますが子犬が感染すると、嘔吐や重度の水下痢を起こします。

犬パルボウイルスと、混合感染した場合は成犬でも重症化することがあるので、注意が必要な感染症です。

 

これら6種類の病気や感染症を予防するのが6種混合ワクチンです。

犬の8種混合ワクチンで予防が出来る病気や感染症

6種混合ワクチンに加え、

スポンサーリンク

■犬レプトスピラ感染症(イクテロヘモラジー・カニコーラの2種)

発熱、脱水、出血などを起こし、重症化すると死に至ることもある病気で人にも感染することがあるので注意が必要な感染症です。

上記を追加した8種類の病気を予防するのが8種混合ワクチンです。

子犬の混合ワクチン2回目の実際の明細書

わが家は1回目のワクチンはブリーダーさんの所で終わっていたので、2回目の混合ワクチンから動物病院にお世話になりました。

1回目と同じく6種の混合ワクチンを接種しました。

【内訳】
■初診料       1,000円
■6種ワクチン接種料 6,000円
消費税       560円
合計        7,560円

ワクチン接種前に丁寧に触診や健康チェックをしてもらいました。

その値段も初診料に含まれているからとかかった費用の内訳は「初診料」と「6種混合ワクチン」の2項目だけ。

いくらかかるかわからずドキドキしていたので思っているよりも安い!と思いました。

子犬の混合ワクチン3回目の値段

2回目のワクチンから3週間ほどあけて3回目の混合ワクチンを接種しました。

今回も6種の混合ワクチンです。

子犬の混合ワクチン3回目の実際の明細書

【内訳】
診察料       600円
6種ワクチン接種料 6,000円
消費税       528円
合計        7,128円

前回の初診料1,000円が診察料600円に変わっただけであとは変化なし。

このときもしっかりと触診などの健康チェックをして頂きました。

子犬の混合ワクチン2回目と3回目を合わせた費用合計

わが家の愛犬にかかった2回目と3回目の6種混合ワクチンの合計金額が

2回目6種混合ワクチン 7,560円

3回目6種混合ワクチン 7,128円

合計 14,688円

こちらになりました。

混合ワクチン以外にも色々かかるのかと思っていたので、思っていたより安かった!というのがわたしの感想です!

まとめ

参考になりましたでしょうか??

病院によって料金の仕組みはかわってくるとは思いますが実際の費用としてお役に立てれば光栄です!

混合ワクチン接種後は副作用の影響も出やすいのでワクチン接種後半日は一緒に居られる日にワクチン接種をしにいってくださいね。

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-
-,

Copyright© ゆるりくるり , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.