日々の生活に役立つ情報をお伝えします

ゆるりくるり

イベント 花火大会

10月の江ノ島花火大会に浴衣は寒い?対策と着こなし方を着付け教室の先生に聞いた!

更新日:

10月の花火大会は空気が澄んでいるので夏以上に綺麗な花火がみれると大人気です。

だけど、10月の江ノ島花火大会に浴衣はさすがに寒いかな?浮いちゃうかな?と心配されているのではないでしょうか。

ここでは10月の江ノ島花火大会に浴衣はアリかナシか。

実際の江ノ島の気温や体感温度を参考にしながら着付け教室の先生に聞いた、浴衣の寒さ対策と着こなし方についてお伝えします。

スポンサーリンク

10月の江ノ島花火大会に浴衣を着るのはアリ?なし?

浴衣を着るベストシーズン

浴衣を着るシーズンは主に7月〜8月頃とされており、立秋までが浴衣を着るのに最適な時期となっています。

なので、10月に入るともうさすがに時期遅れ。

季節外れで格好が悪いとされています。

浴衣のコンセプトからすると10月の江ノ島花火大会に浴衣を着るのはナシです。

10月の秋に浴衣を着るのはアリ?ナシ?着付け教室の先生に聞いてみた!

わたしの母は着物の着付け教室を行っているのですが、ズバリ着付け教室の先生の立場からアリかナシか教えてもらってきました!

結論からいうと10月に浴衣を着るのはアリ!です。

理由を詳しく教えてもらいました。

立秋までが浴衣を着るのに最適な時期と言われているが、過ぎたからといって浴衣を着ることには問題ない。

いまは天候などで10月に花火大会が開催されるくらいなのだから、花火大会のために10月に浴衣を着るのは全く問題なし!

いまは浴衣はファッションとして着ている人も多く昔の着方とは全然違うのだから、昔の慣習通りに切る必要はない。

と言っていました。

その証拠に江ノ島の花火大会周辺のお店では浴衣の着付けをしてくれるところが何箇所かあります!

このことからみても10月の花火大会に浴衣を着ていくのはアリです。

 

ですが夏の浴衣の着こなしでは寒いし、見た目にも寒々しい。

10月の花火大会に浴衣を着ていく場合は、秋の浴衣の着こなしをして秋らしさを感じる浴衣の着こなしをしていきましょう!

 

10月の江ノ島花火大会は寒い!平均気温と体感温度

10月の江ノ島の平均気温と体感温度

10月の江ノ島の平均気温は最高気温22度・最低気温15度です。

寒い日は最高気温18度・最低気温12度の日もあります。

日中の日が射している時間帯は夏と同じ浴衣でもあまり寒く感じることはありませんが、夕方の花火が上がる時間帯はかなり冷え込んできます。

江ノ島花火大会の会場は海沿いなので風もあり体感温度はかなり低いです。

実際15度の場合でも風の冷たさで10度くらいの体感温度になることもあります。

10度だと、コートが欲しいくらいの気温です。

その中で、浴衣を着るからにはしっかりと防寒対策をすることが必要になります。

10月の江ノ島花火大会の浴衣の寒さ対策と秋の着こなし方!

秋に浴衣を着るには、浴衣の選び方や寒さ対策が大切なポイントになっていきます。

着付け教室の先生の母に浴衣の寒さ対策と秋の着こなし方についてアドバイスをもらいました!

 

10月の浴衣の着こなしは色や柄を秋色にする

「金魚」や「朝顔」は夏をイメージする柄なので避けるのが無難。

「トンボ」などの秋らしい柄に変えるのがおすすめです。

いまはモダン柄の浴衣が多くあるのでそのような浴衣を選ぶと秋らしさがグッと深まります。

そして浴衣の色はピンクやブルーだと涼を感じさせてしまうので

■渋めの茶色

■深い藍色

■からし色

このような秋っぽさを感じる色を選ぶのがおすすめです。

秋に最適の色・柄の浴衣はこちら↓

 

このような色・柄の浴衣だと秋っぽさを感じることが出来、10月でもファッションとして違和感なく浴衣を着こなすことが出来ます。

 

10月の浴衣の寒さ対策は長襦袢を中に着る

浴衣は通常は素肌の上に着用しますが、浴衣の下に「長襦袢」を着用すると、浴衣を着物風に着こなすことができ寒さ対策にもなるので秋の浴衣の着こなしには最適です!


長襦袢 白 

10月の浴衣の寒さ対策は和装用ストッキングを履く

通常のストッキングだと、足先が詰まっていて下駄が履けなくなりますが、和装用ストッキングであれば下駄が履ける作りになっています。

足元から冷えてくるので、和装用ストッキングを履くだけでもかなり防寒対策になります。


和装用ストッキング ナイロン 膝下 白ストッキング着物用a5【メール便送料無料】

 

10月の浴衣の寒さ対策は足袋を履く

和装用ストッキングに素足だとさすがに10月は寒いです。

なので和装用ストッキングの上から足袋を履けば草履も履けて防寒対策にもなるのでおすすめです。


綿 足袋

 

10月の浴衣の寒さ対策はショールを羽織る

羽織物がひとつあるだけで体温調節が出来るので必ずショールは持っておきたいところ。

薄手のショールの方が浴衣のイメージを崩さずに着こなす事ができます。


ストール 8色 

 

10月の江ノ島花火大会で浴衣を着る場合は寒さ対策が肝心です!

この他にも

■貼るホッカイロ

■モモヒキ

などを準備し、せっかくの花火大会で風邪を引かないようにしてくださいね。

10月の江ノ島花火大会に浴衣は寒い?おすすめの服装とはまとめ

いかがでしたでしょうか?

10月の江ノ島花火大会で浴衣を着るには

■秋らしさを出す

■防寒対策をしっかりする

ことがポイントです。

風邪を引くことなく素敵な花火大会を過ごしてくださいね!

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-イベント, 花火大会
-, , , , ,

Copyright© ゆるりくるり , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.