日々の生活に役立つ情報をお伝えします

ゆるりくるり

生活

トマト栽培には接ぎ木苗がおすすめ!接木のメリットと注意点

更新日:

家庭菜園ダントツ人気ナンバー1のトマト。

自分の家で作ったトマトは格別に美味しいです!

でもトマトの栽培って意外と難しいのです。

ここでは、家庭菜園初心者の人でも比較的簡単にトマト栽培をすることが出来る接木苗についてお伝えします!

トマト栽培を成功させて夏には美味しい自家製トマトを堪能しましょう!

スポンサーリンク

トマト栽培には接ぎ木苗がおすすめ!家庭菜園初心者でも失敗が少ない!

接木苗とは

普通の苗は「自根苗」とよばれていて、自分の根から養分を吸収して生長します。

「接ぎ木苗」は病気に強い根を持つ植物を台木に使い、その上においしい実をつける品種を接いだ苗です。

接木苗は自根苗と比べて病気などに強いのが特徴です!

主に接木苗は夏野菜に多く、トマトや茄子・ピーマン・キュウリ・スイカ・かぼちゃなどの接木苗が売られています。

接木苗はなぜ病気に強い?

台木になる苗に野生種と呼ぶ病気に強い植物を使うので接ぎ木苗は病気に強くなります。

すごく美味しいけど病気に弱いトマトの台木にあまり美味しくないけど病気に強いトマトの苗を使うと、病気になりにくいおいしいトマトが採れます。

このように接ぎ木の利点は品種の特性が保存されることです。

実りの良さや病害虫に対する抵抗性など良い性質だけを受け継ぐことができます。

接ぎ木苗は連作障害に強い!

連作障害とは庭や狭い畑で毎年違った場所に植えるのが難しく同じ場所に同じ自根苗の作物をつくっていると起きてしまう障害のことです。

同じ作物をずっと作っているとその作物に必要な養分だけが減ってしまい、土の中の栄養バランスが崩れてしまいます。

更に特定の病原菌が増えてしまい結果として作物が元気に育たなくなってしまうことを連作障害といいます。

特に連作に弱い野菜がトマト、ピーマン、ナス、トウガラシなどナス科の野菜です。

しかし接木苗にすることで、同じ作物をつくっても土の中の栄養がかたよるのを防げ毎年同じ場所に作物を植えても連作障害をおこさずに栽培することが出来ます!

庭や狭い畑で作物を作る場合は特に接木苗がおすすめです。

 

接木苗を使うだけで普通の自根苗よりも遥かに病気や虫のリスクが減り失敗を防ぐことが出来るので家庭菜園初心者は積極的に接ぎ木苗を購入することがおすすめ!

 

トマト栽培には接ぎ木苗がおすすめ!接木のメリット!

トマトは特に接ぎ木苗のメリットが多い野菜です。

トマトの接木苗は環境に強く病害虫のリスクが減る!

トマトは暑い地域で作られる野菜なので寒さには弱いです。

トマトの苗の植付期である4月〜5月はまだ朝晩は肌寒い日もありトマトにとって最適な環境とは言えません。

ですが丈夫な根を持つ台木と接ぐことで本来かかりやすい病気や虫の影響を受けにくくなります

 

トマトの接ぎ木苗は樹ボケを防ぐ!

樹ボケとは苗ばかりが育ってしまい実が全然つかないことを言います。

トマトの場合肥料が効きすぎていると樹ボケを起こしやすいです。

スポンサーリンク

接木苗の場合、自根苗よりも初期成長が緩やかになる場合が多く気温が低いうちや根がまだ未発達のうちは成長が緩やかです。

なので樹勢をコントロールしきれず、樹ボケ状態になることを防ぐことができ、美味しい実をしっかりとつけることができます

 

トマトの接木苗は連作障害に強い!

先程もお伝えしましたが、トマトは連作障害にとても弱いです。

毎年同じ場所でトマトを育てようとするとどんどんトマトの質が悪くなって行きます。

ですが接ぎ木苗を使えば毎年同じ場所に植えても連作障害を起こすことなく美味しいトマトを作ることが出来ます

 

トマトの接ぎ木苗は種類も豊富!

他の野菜と比べ、トマトの接ぎ木苗は種類も豊富なことからお気に入りの品種を選ぶことが出来ます。

大玉・中玉・ミニとどの種類でも様々な品種の接ぎ木苗が売られています。

 

病害虫にも連作にも強くて品種の種類も多い!

家庭菜園初心者の方はまずトマト栽培は接ぎ木苗で初めましょう!

 

トマト栽培には接ぎ木苗がおすすめ!接木の注意点とデメリット!

トマト栽培におすすめの接ぎ木苗ですが注意点もあります。

トマトの接木苗の値段

接ぎ木苗は自根苗に比べて手間暇がかかっているため値段が高いです。

自根苗が150円だとすると300円〜400円ほどの価格になることが多いです。

自根苗の倍から3,4倍するものまであります。

なのでたくさん株数を購入するときいは出費が高くなります。

 

トマトの接ぎ木苗を栽培するときの注意点

接木苗は、地下と地上部で別の株を接いでいます。

なので台木の部分を全て土で埋めたり、敷きワラなどで過湿状態にすると実をつける穂木の苗からも根が出ます。

穂木から出た根が地面に触れると、自根苗と同じ状態となるため、病害虫や連作に弱い株へと変わってしまいます。

せっかくの接ぎ木苗が自根苗と同じになってしまうのは非常にもったいないです。

植え付け時には特に注意をして植付作業を行いましょう。

 

値段が高いこと以外はトマトの接木苗栽培は非常におすすめです!

失敗の少ない接ぎ木苗を使ってトマトの大収穫を狙いましょう!

 

まとめ

夏野菜の王様のトマト。

ぜひ自宅で美味しいトマトを作って家族みんなで味わってくださいね!

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-生活
-,

Copyright© ゆるりくるり , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.